谷繁監督と好対照…無言の落合GMはドラフトで“蚊帳の外”?

公開日:  更新日:

 その瞬間、落合GMは表情一つ変えなかった。

 谷繁監督が日本ハムとの競合の末、外れ1位で小笠原慎之介の当たりクジを引き、ガッツポーズを見せたのとは好対照だった。

 中日は谷繁監督が公言していたとおり、地元のスター候補である高橋純平を1位指名。クジは外れたものの、外れ1位でも将来性を重視して高校生の小笠原慎之介(東海大相模)を指名した。中日OBによると、「楽天に先を越されたが、2位も当初はスカウトの方針で吉持亮汰(大商大)を指名する方針だった」という。

 谷繁監督は「かなりいいドラフトだった。GMからスカウト、みんなで立てた戦略。こちらが考えた形になった」と手ごたえをにじませた。

 一方、即戦力選手で上位を固める方針だったといわれる落合GMは、報道陣の質問に一切答えず、スタスタと控室に戻っていった。前日のスカウト会議後も無言だったという。チームの運営を巡って谷繁監督との対立が囁かれているだけに、気になる好対照だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る