谷繁監督と好対照…無言の落合GMはドラフトで“蚊帳の外”?

公開日: 更新日:

 その瞬間、落合GMは表情一つ変えなかった。

 谷繁監督が日本ハムとの競合の末、外れ1位で小笠原慎之介の当たりクジを引き、ガッツポーズを見せたのとは好対照だった。

 中日は谷繁監督が公言していたとおり、地元のスター候補である高橋純平を1位指名。クジは外れたものの、外れ1位でも将来性を重視して高校生の小笠原慎之介(東海大相模)を指名した。中日OBによると、「楽天に先を越されたが、2位も当初はスカウトの方針で吉持亮汰(大商大)を指名する方針だった」という。

 谷繁監督は「かなりいいドラフトだった。GMからスカウト、みんなで立てた戦略。こちらが考えた形になった」と手ごたえをにじませた。

 一方、即戦力選手で上位を固める方針だったといわれる落合GMは、報道陣の質問に一切答えず、スタスタと控室に戻っていった。前日のスカウト会議後も無言だったという。チームの運営を巡って谷繁監督との対立が囁かれているだけに、気になる好対照だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

  10. 10

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

もっと見る