高校生から即戦力重視なぜ? 巨人ドラフト戦略大転換の内幕

公開日: 更新日:

「投手も野手も即戦力が欲しい」

 巨人の山下スカウト部長がこう言った。

 22日のドラフトが2日後に迫った20日、都内の球団事務所でスカウト会議を開いた巨人の戦略が大きく転換した。7人に絞ったという1位指名候補の中で、高校生は今夏の甲子園優勝投手の小笠原(東海大相模)1人だけ。リストには投手で桜井(立命大)、多和田(富士大)、熊原(仙台大)、岡田(大商大)、野手で高山(明大)、吉田(青学大)と即戦力候補がズラリと並んだ。

 9月の会議で1位候補の最有力になっていたはずの俊足強肩外野手のオコエ(関東第一)やMAX152キロ右腕の高橋純平(県岐阜商)ら高校生が外れ、新たに立命大の桜井が浮上。球団関係者が「1位が将来性より即戦力重視に傾いたのは監督交代劇と無関係ではない」とこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  4. 4

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  5. 5

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  6. 6

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

  10. 10

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

もっと見る