高校生から即戦力重視なぜ? 巨人ドラフト戦略大転換の内幕

公開日:  更新日:

「投手も野手も即戦力が欲しい」

 巨人の山下スカウト部長がこう言った。

 22日のドラフトが2日後に迫った20日、都内の球団事務所でスカウト会議を開いた巨人の戦略が大きく転換した。7人に絞ったという1位指名候補の中で、高校生は今夏の甲子園優勝投手の小笠原(東海大相模)1人だけ。リストには投手で桜井(立命大)、多和田(富士大)、熊原(仙台大)、岡田(大商大)、野手で高山(明大)、吉田(青学大)と即戦力候補がズラリと並んだ。

 9月の会議で1位候補の最有力になっていたはずの俊足強肩外野手のオコエ(関東第一)やMAX152キロ右腕の高橋純平(県岐阜商)ら高校生が外れ、新たに立命大の桜井が浮上。球団関係者が「1位が将来性より即戦力重視に傾いたのは監督交代劇と無関係ではない」とこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る