• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高校生から即戦力重視なぜ? 巨人ドラフト戦略大転換の内幕

「投手も野手も即戦力が欲しい」

 巨人の山下スカウト部長がこう言った。

 22日のドラフトが2日後に迫った20日、都内の球団事務所でスカウト会議を開いた巨人の戦略が大きく転換した。7人に絞ったという1位指名候補の中で、高校生は今夏の甲子園優勝投手の小笠原(東海大相模)1人だけ。リストには投手で桜井(立命大)、多和田(富士大)、熊原(仙台大)、岡田(大商大)、野手で高山(明大)、吉田(青学大)と即戦力候補がズラリと並んだ。

 9月の会議で1位候補の最有力になっていたはずの俊足強肩外野手のオコエ(関東第一)やMAX152キロ右腕の高橋純平(県岐阜商)ら高校生が外れ、新たに立命大の桜井が浮上。球団関係者が「1位が将来性より即戦力重視に傾いたのは監督交代劇と無関係ではない」とこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る