高校生から即戦力重視なぜ? 巨人ドラフト戦略大転換の内幕

公開日: 更新日:

「投手も野手も即戦力が欲しい」

 巨人の山下スカウト部長がこう言った。

 22日のドラフトが2日後に迫った20日、都内の球団事務所でスカウト会議を開いた巨人の戦略が大きく転換した。7人に絞ったという1位指名候補の中で、高校生は今夏の甲子園優勝投手の小笠原(東海大相模)1人だけ。リストには投手で桜井(立命大)、多和田(富士大)、熊原(仙台大)、岡田(大商大)、野手で高山(明大)、吉田(青学大)と即戦力候補がズラリと並んだ。

 9月の会議で1位候補の最有力になっていたはずの俊足強肩外野手のオコエ(関東第一)やMAX152キロ右腕の高橋純平(県岐阜商)ら高校生が外れ、新たに立命大の桜井が浮上。球団関係者が「1位が将来性より即戦力重視に傾いたのは監督交代劇と無関係ではない」とこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  3. 3

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  4. 4

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  5. 5

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  6. 6

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  9. 9

    安易なトランプ依存 イラン訪問で露呈した安倍外交の限界

  10. 10

    「心残りはアメリカを見ずに死ぬことさ」と言い残した学徒特攻隊員

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る