次から次に賭博関与選手が…巨人の“病巣”はどこにあるのか

公開日: 更新日:

 巨人の3投手が手を染めた今回の野球賭博事件には、笠原の知人が絡んでいる。税理士法人勤務とされるAと飲食店経営者とされるBだ。この日の調査委の中間報告で2人は、「賭博常習者」と認定された。そんな怪しげな人間と距離を置くどころか、福田も笠原も付き合いを深めていた。ここに巨人の“病巣”がある。

「他球団に比べれば、巨人の選手にすり寄ってくる人間は圧倒的に多い。二軍選手にもタニマチがつくのは巨人くらいでしょう。当然、中には危ない連中もいる。オフにゴルフコンペに顔を出せば、お車代として30万円、50万円と小遣いをもらい、たった2カ月のオフで財布がパンパンになる。そんな経験をすると、そりゃ、付き合う人間の善し悪しを判断する感覚も鈍ります」

 とはパ球団のOBだ。

 昔から巨人は、ゴルフでも麻雀でも他球団とは賭けのレートが違うといわれてきた。笠原の知人Aも<笠原君から普通の麻雀とは違って、レートが大きくなる“ジャイアンツルール”というものを教えてもらいました>と週刊誌で告白している。福田も笠原も日常的にそうした賭け麻雀を行い、裏カジノにも出入りするようになって、野球賭博へと身を落としていった。

「そういう意味では、巨人には違法な賭け事に対する罪の意識が希薄になる下地がある」という球界OBの言葉に反論はできまい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  2. 2

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  5. 5

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  8. 8

    自民コロナ陽性も濃厚接触者ゼロ 保健所“上級国民”優遇か

  9. 9

    実父は有名な成功者 菅首相は苦労人どころか“お坊ちゃん”

  10. 10

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

もっと見る