• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

次から次に賭博関与選手が…巨人の“病巣”はどこにあるのか

 巨人の3投手が手を染めた今回の野球賭博事件には、笠原の知人が絡んでいる。税理士法人勤務とされるAと飲食店経営者とされるBだ。この日の調査委の中間報告で2人は、「賭博常習者」と認定された。そんな怪しげな人間と距離を置くどころか、福田も笠原も付き合いを深めていた。ここに巨人の“病巣”がある。

「他球団に比べれば、巨人の選手にすり寄ってくる人間は圧倒的に多い。二軍選手にもタニマチがつくのは巨人くらいでしょう。当然、中には危ない連中もいる。オフにゴルフコンペに顔を出せば、お車代として30万円、50万円と小遣いをもらい、たった2カ月のオフで財布がパンパンになる。そんな経験をすると、そりゃ、付き合う人間の善し悪しを判断する感覚も鈍ります」

 とはパ球団のOBだ。

 昔から巨人は、ゴルフでも麻雀でも他球団とは賭けのレートが違うといわれてきた。笠原の知人Aも<笠原君から普通の麻雀とは違って、レートが大きくなる“ジャイアンツルール”というものを教えてもらいました>と週刊誌で告白している。福田も笠原も日常的にそうした賭け麻雀を行い、裏カジノにも出入りするようになって、野球賭博へと身を落としていった。

「そういう意味では、巨人には違法な賭け事に対する罪の意識が希薄になる下地がある」という球界OBの言葉に反論はできまい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る