賭博関与はすべて投手…巨人は「貧打解消ドラフト」が台無し

公開日: 更新日:

 新たに2選手の関与が明らかになった巨人野球賭博問題。22日のドラフト会議への影響は必至である。

 前日、高橋由に次期監督を要請した久保球団社長は「打ち勝つチームをつくる」と語っていた。最大のテーマは打率がリーグ最下位の貧打解消なのは明らか。が、賭博に手を染めた3人はいずれも投手ということになると、それも吹っ飛ぶ。

「24歳の笠原は191センチの大型右腕で昨季は26試合に登板し2勝1S、今季も20試合に登板。先発も中継ぎもできる貴重な戦力だった。22歳の松本竜は11年ドラフト1位で入団した193センチとこちらも長身左腕。今季は左の内海と杉内が機能せず、来季以降の先発ローテ入りが期待される有望株だった。来季は福田を含めたこの3投手が厳しい処分でいなくなることが予想され、今回のドラフトは急きょ即戦力投手をかき集めなければならなくなった。貧打解消は後回し。打者は外国人やFAなどの補強でやり繰りするしかない」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

もっと見る