賭博関与はすべて投手…巨人は「貧打解消ドラフト」が台無し

公開日:  更新日:

 新たに2選手の関与が明らかになった巨人の野球賭博問題。22日のドラフト会議への影響は必至である。

 前日、高橋由に次期監督を要請した久保球団社長は「打ち勝つチームをつくる」と語っていた。最大のテーマは打率がリーグ最下位の貧打解消なのは明らか。が、賭博に手を染めた3人はいずれも投手ということになると、それも吹っ飛ぶ。

「24歳の笠原は191センチの大型右腕で昨季は26試合に登板し2勝1S、今季も20試合に登板。先発も中継ぎもできる貴重な戦力だった。22歳の松本竜は11年ドラフト1位で入団した193センチとこちらも長身左腕。今季は左の内海と杉内が機能せず、来季以降の先発ローテ入りが期待される有望株だった。来季は福田を含めたこの3投手が厳しい処分でいなくなることが予想され、今回のドラフトは急きょ即戦力投手をかき集めなければならなくなった。貧打解消は後回し。打者は外国人やFAなどの補強でやり繰りするしかない」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る