明大・高山の抽選でまさかの訂正 ヤクルト真中監督“勘違い”

公開日:  更新日:

 22日夕方から都内で行われている2015年プロ野球ドラフト会議で、1位指名の抽選をめぐり、まさかのハプニングだ。

 東京六大学の通算安打記録を更新した“安打製造機”高山俊(22)を1位指名したのは、阪神とヤクルト。競合による抽選には金本知憲(47)、真中満(44)両監督が臨んだ。

 封筒を見るや、ガッツポーズで喜びを爆発させたのはヤクルトの真中監督だったが、これが実は真中監督の“早とちり”。封筒の中に入る二つ折りの厚紙は、左ページに<Draft 2015 リポビタンD>、右ページに<交渉権確定>と印刷されているが、真中監督は左ページを見ただけで高山俊の交渉権を獲得したと勘違いしてしまったようだ。

 真中監督はガッツポーズ後、興奮気味にテレビインタビューにも答えたものの、間もなく事務局から訂正のアナウンスが行われ、「高山俊は阪神で交渉権確定」と発表された。

 驚いたことに、一方の金本知憲監督も早とちりをしていた。真中監督がガッツポーズをしてしまったため、抽選に外れたと勘違い。「真中監督のガッツポーズにだまされて見れなかった」と、しばらく封筒の中身を確認しなかったことを明かし、「ビデオ判定がホームランに覆った」と驚きの表情で語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る