賭博関与の笠原らと会食…巨人一軍選手にも「大丈夫か」の声

公開日: 更新日:

 巨人の福田聡志(32)を火元とする野球賭博事件が延焼した。

 21日、日本野球機構(NPB)の調査委員会が発表した中間報告で、新たに笠原将生(24)と松本竜也(22)の巨人2投手が野球賭博を行っていたことが発覚。福田と笠原は麻雀やバカラ賭博にも手を染めていたことも明らかになった。

「痛恨の極み」

 調査委の報告を受けて緊急会見を開いた巨人の久保球団社長はそう声を絞り出したが、球界では当初から「福田だけでは終わらない」といわれていた。巨人には疑惑の目を向けられる人間が他にもいたのだ。

「特に笠原の人間関係には調査委も注目しているはずです。笠原は福田と野球賭博をつなぐ仲介役となり、後輩の松本竜を引き込んだうえに金銭の精算を取り次ぐ役割も担っていた。昨年は裏カジノに出入りしていることがバレて大問題になるなど、いわば巨人における賭博の中心的人物と言っていい。厄介なことにこの笠原は、チーム内にある複数の派閥に所属していて、先輩後輩の垣根を超えて人脈を広げていた。今後の調査によっては、笠原から一軍主力選手に火の粉が飛ぶ可能性があるということです」(日本テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る