• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

賭博関与の笠原らと会食…巨人一軍選手にも「大丈夫か」の声

 巨人の福田聡志(32)を火元とする野球賭博事件が延焼した。

 21日、日本野球機構(NPB)の調査委員会が発表した中間報告で、新たに笠原将生(24)と松本竜也(22)の巨人2投手が野球賭博を行っていたことが発覚。福田と笠原は麻雀やバカラ賭博にも手を染めていたことも明らかになった。

「痛恨の極み」

 調査委の報告を受けて緊急会見を開いた巨人の久保球団社長はそう声を絞り出したが、球界では当初から「福田だけでは終わらない」といわれていた。巨人には疑惑の目を向けられる人間が他にもいたのだ。

「特に笠原の人間関係には調査委も注目しているはずです。笠原は福田と野球賭博をつなぐ仲介役となり、後輩の松本竜を引き込んだうえに金銭の精算を取り次ぐ役割も担っていた。昨年は裏カジノに出入りしていることがバレて大問題になるなど、いわば巨人における賭博の中心的人物と言っていい。厄介なことにこの笠原は、チーム内にある複数の派閥に所属していて、先輩後輩の垣根を超えて人脈を広げていた。今後の調査によっては、笠原から一軍主力選手に火の粉が飛ぶ可能性があるということです」(日本テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る