賭博関与の笠原らと会食…巨人一軍選手にも「大丈夫か」の声

公開日:  更新日:

 巨人の福田聡志(32)を火元とする野球賭博事件が延焼した。

 21日、日本野球機構(NPB)の調査委員会が発表した中間報告で、新たに笠原将生(24)と松本竜也(22)の巨人2投手が野球賭博を行っていたことが発覚。福田と笠原は麻雀やバカラ賭博にも手を染めていたことも明らかになった。

「痛恨の極み」

 調査委の報告を受けて緊急会見を開いた巨人の久保球団社長はそう声を絞り出したが、球界では当初から「福田だけでは終わらない」といわれていた。巨人には疑惑の目を向けられる人間が他にもいたのだ。

「特に笠原の人間関係には調査委も注目しているはずです。笠原は福田と野球賭博をつなぐ仲介役となり、後輩の松本竜を引き込んだうえに金銭の精算を取り次ぐ役割も担っていた。昨年は裏カジノに出入りしていることがバレて大問題になるなど、いわば巨人における賭博の中心的人物と言っていい。厄介なことにこの笠原は、チーム内にある複数の派閥に所属していて、先輩後輩の垣根を超えて人脈を広げていた。今後の調査によっては、笠原から一軍主力選手に火の粉が飛ぶ可能性があるということです」(日本テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る