楽天オコエ「まずは体力」と強調も 懸念される“オーナー介入”

公開日: 更新日:

「まずは体力をつけること。技術はその次です」

 今後の意気込みを語ったのは楽天ドラフト1位のオコエ瑠偉(18)だ。19日に行われた球団との契約交渉。背番号「9」、契約金8000万円、年俸1200万円で入団合意となった。

 オコエが「(プロ入りで)浮かれるんじゃなく、自分自身のレベルアップを考える」と表情を引き締めたように、体力、技術ともにまだプロレベルからはかけ離れている。例年キャンプではルーキーの故障が話題になる。オコエも身体能力に反して体力や持久力に欠けていると、中学、高校の指導者たちが口を揃えている。プロ入り前からしっかりと体をつくらないと「先輩」たちの二の舞いだ。

 しかし、それ以上に心配なのが三木谷オーナーのムチャ振りだろう。今季は度重なる現場介入が話題になるも、スポーツ紙のインタビューでは「あれは現場とフロントの一体化」と胸を張る始末。口出しをやめる気はサラサラない。さすがに来季からは星野球団副会長が間に入るだろうが、「ちょっとでいいから、オコエを一軍で起用しろ」と命じられたらどうなるか。

 未熟なオコエを一軍で起用すればケガの危険性も増すし、レベルの差を意識するあまり、練習ペースを崩すことも考えられる。敵は身内にあり、だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  8. 8

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る