• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

U18W杯 オコエが見せた陰のスーパープレーの裏に驚異的視力

 日本のリードオフマンが躍動した。

 28日のブラジル戦で2安打1打点、1盗塁と活躍したオコエ(関東第一)が、守備でも動物的な反応を見せた。

 4-0で迎えた二回2死二、三塁。ビスポのスライス気味の打球をいったん見失うも、体勢を整えてキャッチ。ピンチを救った。

 試合が行われた舞洲ベースボールスタジアムには照明が6基あるが、プロが使用する球場のように十分な明るさがあるわけではない。試合序盤は選手たちも目が慣れるのに苦心していた様子だった。

 オコエは試合後、「球場は暗かった? そうですね。監督からこの球場は照明が暗いと言われていたんですけど、もっとしっかりやらないといけないですね」と反省したが、視力「4.0」でセンターの位置から捕手のサインが見える目の持ち主だからこそのプレーだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

もっと見る