小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

高橋・小笠原・オコエより私が注目する高校生3人

公開日:  更新日:

 ドラフト会議が22日に迫った。高校生の1位候補では小笠原(東海大相模)と高橋(県岐阜商)の左右両腕の名前が挙がるが、私が注目しているのは「野手」である。

 ナンバーワンは遊撃手の平沢(仙台育英)。以前も1位級と触れたが、やはり地元の楽天が1位指名を公言した。176センチ、71キロと大柄ではないが、夏の甲子園で3本塁打を放ったように遠くへ飛ばせる。ヘッドスピードが速く、バットコントロールがうまい。「トリプルスリー」を達成したヤクルト山田のように、安打を量産できる可能性を秘めている。肩、足、フットワークを使った守備も一級品。遊撃で10年はレギュラーを張れる。右投げ左打ちでPL学園時代の立浪(元中日)を思い出す逸材だ。

 高校日本代表にも選ばれた捕手の堀内(静岡)もいい。捕球から送球までの速さ、肩、捕球も高レベル。打撃もパワフルだ。巨人、阪神、中日など、正捕手不在の球団は多い。ロッテの田村は高卒3年目でレギュラーに定着し、パ・リーグの盗塁阻止率ナンバーワンだったが、光星学院時代の田村と比べても、総合力で堀内が上回っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る