• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

理論派の為末氏も完敗 小泉進次郎氏のオーラに陸連タジタジ

 どちらが主役かわかったもんじゃない。

 23日に行われた、「ダイヤモンドアスリート」の研修会。日本陸連は男子短距離のサニブラウン・ハキーム(16)ら20年東京五輪でメダルが期待される若手13選手を「ダイヤモンドアスリート」と認定。今後は国際社会でも活躍できるよう、語学やメディア対応、メンタルトレーニングをはじめとしたプログラムを施すという。

 しかし、記念すべき初回の主役は選手でもなければ、プログラム監修者で400メートルハードル世界選手権銅メダル2個の為末大氏(37)でもない。衆議院議員の小泉進次郎氏(34)だった。

 最初に為末氏がプログラムの目的を話したものの、駆け足の説明に選手は「?」。質問コーナーでは選手は誰も手を挙げず、為末氏が無理やり指名するありさまだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  10. 10

    納采の儀は困難…小室圭さんは「日本に帰れない」の声も

もっと見る