• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

理論派の為末氏も完敗 小泉進次郎氏のオーラに陸連タジタジ

 どちらが主役かわかったもんじゃない。

 23日に行われた、「ダイヤモンドアスリート」の研修会。日本陸連は男子短距離のサニブラウン・ハキーム(16)ら20年東京五輪でメダルが期待される若手13選手を「ダイヤモンドアスリート」と認定。今後は国際社会でも活躍できるよう、語学やメディア対応、メンタルトレーニングをはじめとしたプログラムを施すという。

 しかし、記念すべき初回の主役は選手でもなければ、プログラム監修者で400メートルハードル世界選手権銅メダル2個の為末大氏(37)でもない。衆議院議員の小泉進次郎氏(34)だった。

 最初に為末氏がプログラムの目的を話したものの、駆け足の説明に選手は「?」。質問コーナーでは選手は誰も手を挙げず、為末氏が無理やり指名するありさまだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事