• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

理論派の為末氏も完敗 小泉進次郎氏のオーラに陸連タジタジ

 どちらが主役かわかったもんじゃない。

 23日に行われた、「ダイヤモンドアスリート」の研修会。日本陸連は男子短距離のサニブラウン・ハキーム(16)ら20年東京五輪でメダルが期待される若手13選手を「ダイヤモンドアスリート」と認定。今後は国際社会でも活躍できるよう、語学やメディア対応、メンタルトレーニングをはじめとしたプログラムを施すという。

 しかし、記念すべき初回の主役は選手でもなければ、プログラム監修者で400メートルハードル世界選手権銅メダル2個の為末大氏(37)でもない。衆議院議員の小泉進次郎氏(34)だった。

 最初に為末氏がプログラムの目的を話したものの、駆け足の説明に選手は「?」。質問コーナーでは選手は誰も手を挙げず、為末氏が無理やり指名するありさまだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

もっと見る