• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小暮博則
著者のコラム一覧
小暮博則プロゴルファー

1972年生まれ、埼玉県出身。明治大学商学部卒業。03年日本ゴルフツアー機構ファイナルQT進出。04年日本プロゴルフ協会入会。ジュニア育成に注力し、ジュニア育成応援基金のためのメルマガを発刊。目的コミット型のマンツーマンレッスンとして定評があるPFGA(パーフェクトゴルフアカデミー)を主宰。東京・赤坂と埼玉・小手指でレッスンを行う。著書「一生ブレないスイング理論」(カイゼン)、アプリ「左重心スイングで行こう」が好評。

ハンドファーストインパクトを意識しよう

写真①(C)日刊ゲンダイ

 従来の体重移動による2軸スイング理論では、右足体重でトップをつくります。

 それをダウンスイングの切り返しで左足に体重を移動させることによってエネルギーを発生させ、腰の捻転でパワーを上体に伝え、肩回転を促しクラブを振っていくようにと説明されます。<…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事