• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人坂本「15%増で2億5000万円」の大甘査定にOBが疑問符

「活躍したら年俸は上がる。成績が下がったら給料も下がる。よく阿部が言っているけど、これがプロの基本。球団は坂本を甘やかし過ぎです」

 巨人OBの高橋善正氏がこう言った。26日、都内で契約更改交渉に臨んだ坂本勇人(26)が、3000万円アップの年俸2億5000万円でサインしたと聞き、「甘い。甘過ぎる」と言うのだ。

 主将を任された今季は、左ふくらはぎの故障で約2週間離脱。6年ぶりに全試合出場を逃した。130試合で打率.269、12本塁打、68打点。

「個人的にはふがいないシーズン。打率も本塁打も。もっともっとやらないと」という本人の言葉を借りるまでもなく、ファンの期待を裏切った。にもかかわらず、年俸がアップしたどころか、複数年契約も結んだのだ。

「変動制の複数年でやらしていただいた」(坂本)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事