年俸4000万円増でさっそく散財 楽天・松井裕は何買った?

公開日:  更新日:

 笑顔がはじけた。

 楽天の松井裕樹(20)が29日、仙台市内の球団事務所で契約更改に臨み、4000万円増となる年俸6500万円でサイン。ご機嫌で登場した会見では、「最大限の評価をいただきました。ありがたく思います。来年の目標? 日本一です」と力強く宣言した。

 先発からリリーフに配置転換された今季は、新守護神として63試合に登板。20歳の投手としては史上最多となる33セーブを挙げた。デーブ大久保前監督の発案、というより、三木谷オーナーの意向による抑え転向に当初は、「絶対に1年で(先発に)戻してもらう」と親しい関係者に口をとがらせるなど、まるで乗り気ではなかった。

 が、防御率0.87という抜群の数字を残したことが自信になったのか、この日は交渉の席上で球団幹部に、「チームの勝利に貢献したい。(先発でも抑えでも)どちらでもやります」と口にしたというから、大変な変わりようだ。報道陣には、「歴代の日本一チームの抑えは38セーブから40セーブを挙げている。その辺りを目標にしたい」と具体的な数字まで挙げてみせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る