• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年俸4000万円増でさっそく散財 楽天・松井裕は何買った?

 笑顔がはじけた。

 楽天の松井裕樹(20)が29日、仙台市内の球団事務所で契約更改に臨み、4000万円増となる年俸6500万円でサイン。ご機嫌で登場した会見では、「最大限の評価をいただきました。ありがたく思います。来年の目標? 日本一です」と力強く宣言した。

 先発からリリーフに配置転換された今季は、新守護神として63試合に登板。20歳の投手としては史上最多となる33セーブを挙げた。デーブ大久保前監督の発案、というより、三木谷オーナーの意向による抑え転向に当初は、「絶対に1年で(先発に)戻してもらう」と親しい関係者に口をとがらせるなど、まるで乗り気ではなかった。

 が、防御率0.87という抜群の数字を残したことが自信になったのか、この日は交渉の席上で球団幹部に、「チームの勝利に貢献したい。(先発でも抑えでも)どちらでもやります」と口にしたというから、大変な変わりようだ。報道陣には、「歴代の日本一チームの抑えは38セーブから40セーブを挙げている。その辺りを目標にしたい」と具体的な数字まで挙げてみせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る