• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年俸下交渉決裂で「ショック」発言の山田に燕ファン心境複雑

「金額は出ましたけど、ちょっとショックです」

 残念そうにこう言ったのは、ヤクルト14年ぶりのリーグ優勝に貢献した山田哲人(23)。

 球団との年俸下交渉で、予想を下回る提示を受けたことを明かした。複数年ではなく、出来高なしの単年契約を希望したのは、8000万円から3倍程度ともいわれる大幅昇給を勝ち取りたいという意思表示といえる。

 しかるべき対価がほしいのは当然だ。今季、「トリプルスリー」(3割、30本塁打、30盗塁)を達成した山田は打率.329、38本塁打、100打点、34盗塁でMVP、本塁打、盗塁、最高出塁率の4冠を達成。マスコミには連日、「ヤクルトの山田」と取り上げられ、親会社、球団に絶大な宣伝効果をもたらした。

 一方で球団は頭を悩ませる日々ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る