年俸下交渉決裂で「ショック」発言の山田に燕ファン心境複雑

公開日:  更新日:

「金額は出ましたけど、ちょっとショックです」

 残念そうにこう言ったのは、ヤクルト14年ぶりのリーグ優勝に貢献した山田哲人(23)。

 球団との年俸下交渉で、予想を下回る提示を受けたことを明かした。複数年ではなく、出来高なしの単年契約を希望したのは、8000万円から3倍程度ともいわれる大幅昇給を勝ち取りたいという意思表示といえる。

 しかるべき対価がほしいのは当然だ。今季、「トリプルスリー」(3割、30本塁打、30盗塁)を達成した山田は打率.329、38本塁打、100打点、34盗塁でMVP、本塁打、盗塁、最高出塁率の4冠を達成。マスコミには連日、「ヤクルトの山田」と取り上げられ、親会社、球団に絶大な宣伝効果をもたらした。

 一方で球団は頭を悩ませる日々ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る