年俸下交渉決裂で「ショック」発言の山田に燕ファン心境複雑

公開日:  更新日:

「金額は出ましたけど、ちょっとショックです」

 残念そうにこう言ったのは、ヤクルト14年ぶりのリーグ優勝に貢献した山田哲人(23)。

 球団との年俸下交渉で、予想を下回る提示を受けたことを明かした。複数年ではなく、出来高なしの単年契約を希望したのは、8000万円から3倍程度ともいわれる大幅昇給を勝ち取りたいという意思表示といえる。

 しかるべき対価がほしいのは当然だ。今季、「トリプルスリー」(3割、30本塁打、30盗塁)を達成した山田は打率.329、38本塁打、100打点、34盗塁でMVP、本塁打、盗塁、最高出塁率の4冠を達成。マスコミには連日、「ヤクルトの山田」と取り上げられ、親会社、球団に絶大な宣伝効果をもたらした。

 一方で球団は頭を悩ませる日々ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る