“生涯抑え”宣言も 厳冬巨人で沢村ホクホク1億円更改の裏側

公開日:  更新日:

「1億円ピッタシで更改しました!」

 巨人の沢村拓一(27)が1日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、4800万円から5200万円アップの年俸1億円でサインした。会見で堂々と年俸を明かした沢村は、今季から抑えに転向。60試合に登板し、7勝3敗36セーブ、防御率1・32の好成績を残した。「そこ(1億円)はもちろん大切な部分かもしれないけど、優勝できなくて悔しい思いの方が強い」と話したものの、表情には充実感がにじみ出ていた。

 V逸したチームの主力の中で数少ない大幅増を勝ち取った。しかもキリのいい1億円の大台に到達したのだから、「評価していただいた」とホクホク顔なのも無理はない。球団関係者がこう言う。

「先発で5勝3敗に終わった昨オフの更改は1200万円ダウン。原前監督には中継ぎ転向を命じられ、忸怩たる思いがあっただろうに、『クローザーをやりたい』と宣言していた通りに抑えの座を勝ち取って成績を残した評価。他の主力との兼ね合いもあるでしょう。阿部が1億8000万円もダウンしたことで、厳冬更改のイメージになっている。V逸で他の主力に大幅アップをさせる材料もない。厳密に倍増なら9000万円前後になっていたかもしれないが、中途半端な額より、多少おまけしてでも1億円に乗せた方が、来季も気持ち良く最終回を締めくくってくれるのではないかという球団の配慮。乗せれば意気に感じて働くタイプですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る