• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イチロー長距離砲に? マーリンズ打撃再建ボンズ氏に託す

 イチロー(42)のマーリンズが大物の招聘に動いている。

 現役時代にジャイアンツなどでプレーし、歴代最多の通算762本塁打をマークしたバリー・ボンズ(51)に来季の打撃コーチ就任を打診、1日(日本時間2日)、複数の米メディアがマーリンズとボンズサイドで合意間近と伝えている。

 マーリンズには、昨季の本塁打王で主砲のスタントン(26)ら若手の長距離砲が顔を揃えているが、今季は不発。故障もあって主力選手が機能せず、チーム本塁打(120)、チーム総得点(613)ともリーグワースト2位に終わった。現役引退後に古巣ジャイアンツの春季キャンプで臨時打撃コーチを務め、若手の指導に定評のあるボンズに再建を託すようだ。

 ボンズの打撃コーチ就任は、メジャー通算3000安打まで残り65本としているイチローの打撃にも少なからず影響しそうだ。日米で「安打製造機」といわれたイチローは以前、「打率を気にしなくていいなら一発を狙いたい。結果を残せると思う」「打率が.220でいいなら、40本は打てる、と言っておきましょう」などと話したことがある。メジャーでは、長打よりも内野安打など単打中心の打撃を徹底して、年間本塁打数は05年の15本が最多だが、実は長打力も持ち合わせている。オリックスでもマリナーズでも、試合前の打撃練習では面白いように打球をスタンドに叩き込んでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事