• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イチロー長距離砲に? マーリンズ打撃再建ボンズ氏に託す

 イチロー(42)のマーリンズが大物の招聘に動いている。

 現役時代にジャイアンツなどでプレーし、歴代最多の通算762本塁打をマークしたバリー・ボンズ(51)に来季の打撃コーチ就任を打診、1日(日本時間2日)、複数の米メディアがマーリンズとボンズサイドで合意間近と伝えている。

 マーリンズには、昨季の本塁打王で主砲のスタントン(26)ら若手の長距離砲が顔を揃えているが、今季は不発。故障もあって主力選手が機能せず、チーム本塁打(120)、チーム総得点(613)ともリーグワースト2位に終わった。現役引退後に古巣ジャイアンツの春季キャンプで臨時打撃コーチを務め、若手の指導に定評のあるボンズに再建を託すようだ。

 ボンズの打撃コーチ就任は、メジャー通算3000安打まで残り65本としているイチローの打撃にも少なからず影響しそうだ。日米で「安打製造機」といわれたイチローは以前、「打率を気にしなくていいなら一発を狙いたい。結果を残せると思う」「打率が.220でいいなら、40本は打てる、と言っておきましょう」などと話したことがある。メジャーでは、長打よりも内野安打など単打中心の打撃を徹底して、年間本塁打数は05年の15本が最多だが、実は長打力も持ち合わせている。オリックスでもマリナーズでも、試合前の打撃練習では面白いように打球をスタンドに叩き込んでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  3. 3

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る