松井秀喜の“元上司”が監督就任でイチロー3000安打に暗雲

公開日: 更新日:

 新たなボスの存在は3000安打(大リーグ通算)に影響するのかどうか。

 イチロー(42)のいるマーリンズが2日、今季までドジャースを指揮したドン・マッティングリー氏(54)の監督就任を発表した。

 マッティングリー氏は5年間、ドジャースの指揮を執り、今季まで3年連続ナ・リーグ西地区優勝。圧倒的な戦力を抱えながら、しかし、一度もワールドシリーズに進めずオフに退任。事実上のクビといわれる。

 マーリンズは今季終了後、イチローと1年間の再契約。4人目の外野手として戦力面のソロバンをはじくと同時に、あと65本に迫った3000安打達成を商売につなげたい思惑がある。

「マッティングリーはヤンキース、ドジャースでコーチを務めたときの監督だったジョー・トーリの影響を強く受けています。松井秀喜がヤンキースでプレーしたときの打撃コーチでもある。イチローのようなベテランを気分良く働かせるタイプの指揮官ですよ」とはメジャー担当記者だが、アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏は、「それでも今回は3000安打を狙うイチローにとってマイナスかもしれません」とこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  2. 2

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  3. 3

    東出昌大の好感度 渡部建や優樹菜の不倫報道で“V字回復”か

  4. 4

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

  7. 7

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  8. 8

    年金暮らしなのに「本家」のプライドで毎月9万円の赤字が

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

もっと見る