ジャイアンツ入りの青木が「長距離砲」への転身狙うワケ

公開日:  更新日:

 今季はジャイアンツでプレーする青木宣親(33)が、長距離砲への転身を図るという。

 ロイヤルズでプレーした昨季、本塁打は自己最少の1本に終わっただけに、一発の量産を目指しているのだ。

 ジャイアンツの本拠地AT&Tパークは、右翼後方がサンフランシスコ湾に面している。右中間の客席は狭く、フェンスも低い。そのためサンフランシスコ湾に飛び込む場外弾「スプラッシュ・ヒット」は、この球場の名物のひとつ。かつてジャイアンツでプレー、メジャー歴代1位の通算762本塁打をマークしたバリー・ボンズの代名詞でもある。

 130メートルを超す飛距離でサンフランシスコ湾に放り込むのは強打者が多いが、青木は「去年は1本しか打ってないし。打ちたいですね」とその気になっている。

 2番を任され、主に犠打や進塁打などのチーム打撃を求められた昨季の反動なのか、打撃フォームはこれまで以上に小さく、上体に頼ったものになっていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る