• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジャイアンツ入りの青木が「長距離砲」への転身狙うワケ

 今季はジャイアンツでプレーする青木宣親(33)が、長距離砲への転身を図るという。

 ロイヤルズでプレーした昨季、本塁打は自己最少の1本に終わっただけに、一発の量産を目指しているのだ。

 ジャイアンツの本拠地AT&Tパークは、右翼後方がサンフランシスコ湾に面している。右中間の客席は狭く、フェンスも低い。そのためサンフランシスコ湾に飛び込む場外弾「スプラッシュ・ヒット」は、この球場の名物のひとつ。かつてジャイアンツでプレー、メジャー歴代1位の通算762本塁打をマークしたバリー・ボンズの代名詞でもある。

 130メートルを超す飛距離でサンフランシスコ湾に放り込むのは強打者が多いが、青木は「去年は1本しか打ってないし。打ちたいですね」とその気になっている。

 2番を任され、主に犠打や進塁打などのチーム打撃を求められた昨季の反動なのか、打撃フォームはこれまで以上に小さく、上体に頼ったものになっていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る