• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジャイアンツ入りの青木が「長距離砲」への転身狙うワケ

 今季はジャイアンツでプレーする青木宣親(33)が、長距離砲への転身を図るという。

 ロイヤルズでプレーした昨季、本塁打は自己最少の1本に終わっただけに、一発の量産を目指しているのだ。

 ジャイアンツの本拠地AT&Tパークは、右翼後方がサンフランシスコ湾に面している。右中間の客席は狭く、フェンスも低い。そのためサンフランシスコ湾に飛び込む場外弾「スプラッシュ・ヒット」は、この球場の名物のひとつ。かつてジャイアンツでプレー、メジャー歴代1位の通算762本塁打をマークしたバリー・ボンズの代名詞でもある。

 130メートルを超す飛距離でサンフランシスコ湾に放り込むのは強打者が多いが、青木は「去年は1本しか打ってないし。打ちたいですね」とその気になっている。

 2番を任され、主に犠打や進塁打などのチーム打撃を求められた昨季の反動なのか、打撃フォームはこれまで以上に小さく、上体に頼ったものになっていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る