日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マリナーズ入り青木は「1番・右翼」 本拠地との相性は?

 マリナーズは3日(日本時間4日)、ジャイアンツからFAになっていた青木宣親外野手(33)と正式に契約したと発表した。契約期間は1年。年俸は550万ドル(約6億6000万円)で、17年は双方に選択権のあるオプション。新天地では「1番・右翼」で起用される見込み。背番号は「8」に決まった。

 ジェリー・ディポトGMとともに本拠地セーフコフィールドで会見した青木は「自分を必要としてくれているのを感じたし、このチームで優勝したいと思ったのが一番」とマリナーズ入りを決断した理由を話した。マリナーズ時代(12年途中まで)にイチロー(現マーリンズ)が付けていた背番号「51」が空き番だったが、「『51』は選択肢になかった。付けられる番号ではない。『8』にしたのは自分の娘がいいと言ったので」と説明。来季の目標を聞かれると「今年は前半戦で手応えを感じていたので、来年は一年を通して結果を残したい」とした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事