宴会場、ゴルフも中止に…巨人OB会にも波及した賭博問題

公開日:  更新日:

 20日、巨人が「禁欲キャンプ」を打ち上げた。所属3選手が無期失格処分を受けた野球賭博問題の影響で、例年より門限が最大60分早まり、休日のゴルフも禁止された今キャンプ。

 ケガの功名か、「来季にどういう結果が出るか楽しみな内容のキャンプができた。内容も量も質も十分できたと思ってます」と高橋由伸監督(40)は充実した表情で振り返った。

 巨人はすでにオフの球団納会と納会ゴルフの自粛も決定。綱紀粛正のもと、選手も関係者も静かなオフを過ごすことになるが、この未曽有の不祥事が球団の“レジェンド”たちにも波及していることが分かった。某OBが言う。

「毎年12月に行われるOB会総会の案内状が届いて、えっ!? と思ったよ。いつもは都内ホテルの宴会場でやってた会場が突然、近くの中華料理店に変わってるんだから……。OB会の翌日に行われる恒例のゴルフコンペも今年はやらないと書いてあった。会場の変更、ゴルフコンペの中止について説明はなかったが、みなで野球賭博問題の影響だろうと話している。後輩がとんでもないスキャンダルを起こしといてホテルの宴会場で大々的にやるわけにもいかないという判断だろうね。コンペも賭けゴルフを連想するってことだろ。OB会はここ数年、40代の若手が顔を出すなど活気が出てきたところで、昨年は102人ものOBが集まった。水を差されたようで残念だよな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る