宴会場、ゴルフも中止に…巨人OB会にも波及した賭博問題

公開日:  更新日:

 20日、巨人が「禁欲キャンプ」を打ち上げた。所属3選手が無期失格処分を受けた野球賭博問題の影響で、例年より門限が最大60分早まり、休日のゴルフも禁止された今キャンプ。

 ケガの功名か、「来季にどういう結果が出るか楽しみな内容のキャンプができた。内容も量も質も十分できたと思ってます」と高橋由伸監督(40)は充実した表情で振り返った。

 巨人はすでにオフの球団納会と納会ゴルフの自粛も決定。綱紀粛正のもと、選手も関係者も静かなオフを過ごすことになるが、この未曽有の不祥事が球団の“レジェンド”たちにも波及していることが分かった。某OBが言う。

「毎年12月に行われるOB会総会の案内状が届いて、えっ!? と思ったよ。いつもは都内ホテルの宴会場でやってた会場が突然、近くの中華料理店に変わってるんだから……。OB会の翌日に行われる恒例のゴルフコンペも今年はやらないと書いてあった。会場の変更、ゴルフコンペの中止について説明はなかったが、みなで野球賭博問題の影響だろうと話している。後輩がとんでもないスキャンダルを起こしといてホテルの宴会場で大々的にやるわけにもいかないという判断だろうね。コンペも賭けゴルフを連想するってことだろ。OB会はここ数年、40代の若手が顔を出すなど活気が出てきたところで、昨年は102人ものOBが集まった。水を差されたようで残念だよな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る