宴会場、ゴルフも中止に…巨人OB会にも波及した賭博問題

公開日: 更新日:

 20日、巨人が「禁欲キャンプ」を打ち上げた。所属3選手が無期失格処分を受けた野球賭博問題の影響で、例年より門限が最大60分早まり、休日のゴルフも禁止された今キャンプ。

 ケガの功名か、「来季にどういう結果が出るか楽しみな内容のキャンプができた。内容も量も質も十分できたと思ってます」と高橋由伸監督(40)は充実した表情で振り返った。

 巨人はすでにオフの球団納会と納会ゴルフの自粛も決定。綱紀粛正のもと、選手も関係者も静かなオフを過ごすことになるが、この未曽有の不祥事が球団の“レジェンド”たちにも波及していることが分かった。某OBが言う。

「毎年12月に行われるOB会総会の案内状が届いて、えっ!? と思ったよ。いつもは都内ホテルの宴会場でやってた会場が突然、近くの中華料理店に変わってるんだから……。OB会の翌日に行われる恒例のゴルフコンペも今年はやらないと書いてあった。会場の変更、ゴルフコンペの中止について説明はなかったが、みなで野球賭博問題の影響だろうと話している。後輩がとんでもないスキャンダルを起こしといてホテルの宴会場で大々的にやるわけにもいかないという判断だろうね。コンペも賭けゴルフを連想するってことだろ。OB会はここ数年、40代の若手が顔を出すなど活気が出てきたところで、昨年は102人ものOBが集まった。水を差されたようで残念だよな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  6. 6

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

  10. 10

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

もっと見る