“針のむしろ”覚悟の巨人幹部を救った王貞治氏の一言

公開日:  更新日:

 ソフトバンクの王貞治球団会長(75)が語気を強めた。

 6日、都内で開かれた巨人のOB会総会に出席。報道陣から、巨人3選手が無期失格処分となった野球賭博について話を振られると、「もう過ぎたこと。(新監督の)高橋君をどうするかという話だよ。賭博なんて関係ない。2016年、高橋由伸がどう戦うか。ましてや、もうその(賭博)選手たちはいないわけだろ。頼むから賭博とも言ってくれるなよ。期待と不安を持って臨んでいる彼(高橋監督)に託そうよ」と、まくしたてた。

 昨年までOB会長を務めた「世界の王」がこう言うのだから、ほかのOBはスキャンダルを蒸し返すわけにはいかない。

 懇親会の冒頭で堤GMが「非常に心苦しい思いをさせたのではないかと反省しています。規律を正し、伝統ある巨人軍をもう一度復活させていくべく、全身全霊を懸けて努力していきたい」と陳謝した以外は、白石オーナー、柴田OB会長らからも賭博のトの字も出ず。未曽有のスキャンダルで巨人の歴史に傷をつけ、針のむしろを覚悟したであろう球団幹部は、王さんに救われた格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る