“針のむしろ”覚悟の巨人幹部を救った王貞治氏の一言

公開日:  更新日:

 ソフトバンクの王貞治球団会長(75)が語気を強めた。

 6日、都内で開かれた巨人のOB会総会に出席。報道陣から、巨人3選手が無期失格処分となった野球賭博について話を振られると、「もう過ぎたこと。(新監督の)高橋君をどうするかという話だよ。賭博なんて関係ない。2016年、高橋由伸がどう戦うか。ましてや、もうその(賭博)選手たちはいないわけだろ。頼むから賭博とも言ってくれるなよ。期待と不安を持って臨んでいる彼(高橋監督)に託そうよ」と、まくしたてた。

 昨年までOB会長を務めた「世界の王」がこう言うのだから、ほかのOBはスキャンダルを蒸し返すわけにはいかない。

 懇親会の冒頭で堤GMが「非常に心苦しい思いをさせたのではないかと反省しています。規律を正し、伝統ある巨人軍をもう一度復活させていくべく、全身全霊を懸けて努力していきたい」と陳謝した以外は、白石オーナー、柴田OB会長らからも賭博のトの字も出ず。未曽有のスキャンダルで巨人の歴史に傷をつけ、針のむしろを覚悟したであろう球団幹部は、王さんに救われた格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  7. 7

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る