不法賭博疑惑の呉昇桓 阪神残留どころか米移籍も絶望的

公開日: 更新日:

 7日、阪神を自由契約になった韓国人助っ人・呉昇桓(33)について、海外違法賭博容疑でソウル地検から事情聴取されると、複数の韓国マスコミが報じた。

 韓国サムスン時代の同僚で元ヤクルトの林昌勇(39)がすでに、同様の容疑で韓国検察に在宅起訴される方向だという。呉も疑惑が「クロ」となれば同じ処分が下る可能性がある。韓国野球に精通するスポーツライターの室井昌也氏が言う。

「今回の事件は大きな処罰にはならないと韓国メディアは見ています。(韓国の野球規約で禁じられている)八百長や、野球賭博をしたわけではないし、林以外に疑惑がかけられているサムスンの2投手が保留者名簿に入っている現状を見ても、クロと判断されたとしても、出場停止処分が下るというレベルで決着するかもしれません。呉も、韓国内で二度とプレーできないということにはならないのではないか。ただ、阪神を含めた日本でプレーするのは難しいかもしれません。今回は韓国マフィアが絡んでいるということですから、日本であれば暴力団とつるんだ『黒い交際』として認識されても仕方がない。日本球界は野球賭博問題が起こった直後。より厳格に対処していこうという風潮もありますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る