日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不法賭博疑惑の呉昇桓 阪神残留どころか米移籍も絶望的

 7日、阪神を自由契約になった韓国人助っ人・呉昇桓(33)について、海外違法賭博容疑でソウル地検から事情聴取されると、複数の韓国マスコミが報じた。

 韓国サムスン時代の同僚で元ヤクルトの林昌勇(39)がすでに、同様の容疑で韓国検察に在宅起訴される方向だという。呉も疑惑が「クロ」となれば同じ処分が下る可能性がある。韓国野球に精通するスポーツライターの室井昌也氏が言う。

「今回の事件は大きな処罰にはならないと韓国メディアは見ています。(韓国の野球規約で禁じられている)八百長や、野球賭博をしたわけではないし、林以外に疑惑がかけられているサムスンの2投手が保留者名簿に入っている現状を見ても、クロと判断されたとしても、出場停止処分が下るというレベルで決着するかもしれません。呉も、韓国内で二度とプレーできないということにはならないのではないか。ただ、阪神を含めた日本でプレーするのは難しいかもしれません。今回は韓国マフィアが絡んでいるということですから、日本であれば暴力団とつるんだ『黒い交際』として認識されても仕方がない。日本球界は野球賭博問題が起こった直後。より厳格に対処していこうという風潮もありますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事