• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

実力至上主義はもう建前…プロ野球選手「年俸の理不尽」

 師走の札幌に札束が乱れ飛んだ。

 1日に行われた日本ハムの契約更改。盗塁王に輝いた中島卓也(24)は倍増となる年俸8000万円、打率.326(リーグ3位)の近藤健介(22)は3000万円アップの4800万円、30盗塁(リーグ3位)の西川遥輝(23)は1400万円増となる6200万円で、それぞれ快くハンコを押した。

 いずれも高卒でプロ入りした20代前半の若手たち。同じ年齢でこれだけ稼げる職業など、他にあるかどうか。さすがプロ野球の世界は違う――と思いたいところだが、彼らが若くして大金を手にしているのはチーム事情によるところが大きい。

 チームの硬直化を嫌う日本ハムは、選手の促成栽培に力を入れている。エネルギッシュな若手を積極的に起用。素質ある選手が埋もれそうになれば、ベテランを放出してでも出場機会を与える。そうやってバリバリの主力に成長したのが中島ら3人なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事