日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高校サッカー「50m超ロング弾」は四半世紀前にもあった

 最初はピンとこなかった。コマツアキラ? あの50メートル超ロングシュートを決めた選手なのか?

 3日の高校選手権3回戦・明徳義塾(高知)―各務原(岐阜)戦を取材した。目の前に「81年1月の西目農(現西目=秋田)―北陽(大阪)戦でセンターサークルからシュートを決めた西目農FW小松晃」がいる。明徳義塾サッカー部監督として各務原を破り、同高初の8強入りを決めた。

 写真を撮りながら、四半世紀前の圧巻ゴールシーンを思い出した。

 試合を北陽応援席の近くで見た。徹底マークされた小松は、倒されるたびに北陽の選手にクレームをつけ、北陽応援席からヤジられた。ロングシュートを決めると北陽応援席はヒートアップ。小松がボールを持つたびに「このボケ! 調子に乗るンやないでぇ~!」と口汚く罵った。耳馴染みのない関西弁に肩をくすめた瞬間、度肝を抜かれてしまった。小松が北陽応援席に向かって指を突き立てながら、怒鳴り返しているではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事