スポンサーに中国企業続々 CWCいつまで日本で見られる?

公開日: 更新日:

 クラブ王者決定戦のFIFAクラブW杯(CWC)は、20日の決勝で欧州代表のスペイン・バルセロナが南米代表のアルゼンチン・リバープレートを3-0で一蹴した。

「決勝、3位決定戦ともに見どころの多い試合でした。決勝戦ではバルセロナが持ち味の攻撃力を存分に発揮した。中でもFWメッシは異次元のプレーを披露してくれた。敗れたリバープレートのサポーターは、南米の熱狂的な雰囲気を醸し出して彩りを添えてくれた。3位決定戦では中国の金満クラブ・広州恒大にJリーグ年間王者の広島が逆転勝利を収め、ホスト国の意地を見せてくれた。なかなか、盛り上がった大会でした」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

 CWCは、05年から6大陸の王者がトーナメント方式で優勝を争う形になった。以前からトヨタが冠スポンサーを務めており、09~10年のUAE大会、11~12年の日本大会、13~14年のモロッコ大会と日本以外で開催された大会も「TOYOTAプレゼンツFIFAクラブW杯」と呼ばれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る