• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スポンサーに中国企業続々 CWCいつまで日本で見られる?

 クラブ王者決定戦のFIFAクラブW杯(CWC)は、20日の決勝で欧州代表のスペイン・バルセロナが南米代表のアルゼンチン・リバープレートを3-0で一蹴した。

「決勝、3位決定戦ともに見どころの多い試合でした。決勝戦ではバルセロナが持ち味の攻撃力を存分に発揮した。中でもFWメッシは異次元のプレーを披露してくれた。敗れたリバープレートのサポーターは、南米の熱狂的な雰囲気を醸し出して彩りを添えてくれた。3位決定戦では中国の金満クラブ・広州恒大にJリーグ年間王者の広島が逆転勝利を収め、ホスト国の意地を見せてくれた。なかなか、盛り上がった大会でした」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

 CWCは、05年から6大陸の王者がトーナメント方式で優勝を争う形になった。以前からトヨタが冠スポンサーを務めており、09~10年のUAE大会、11~12年の日本大会、13~14年のモロッコ大会と日本以外で開催された大会も「TOYOTAプレゼンツFIFAクラブW杯」と呼ばれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る