スポンサーに中国企業続々 CWCいつまで日本で見られる?

公開日:  更新日:

 クラブ王者決定戦のFIFAクラブW杯(CWC)は、20日の決勝で欧州代表のスペイン・バルセロナが南米代表のアルゼンチン・リバープレートを3-0で一蹴した。

「決勝、3位決定戦ともに見どころの多い試合でした。決勝戦ではバルセロナが持ち味の攻撃力を存分に発揮した。中でもFWメッシは異次元のプレーを披露してくれた。敗れたリバープレートのサポーターは、南米の熱狂的な雰囲気を醸し出して彩りを添えてくれた。3位決定戦では中国の金満クラブ・広州恒大にJリーグ年間王者の広島が逆転勝利を収め、ホスト国の意地を見せてくれた。なかなか、盛り上がった大会でした」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

 CWCは、05年から6大陸の王者がトーナメント方式で優勝を争う形になった。以前からトヨタが冠スポンサーを務めており、09~10年のUAE大会、11~12年の日本大会、13~14年のモロッコ大会と日本以外で開催された大会も「TOYOTAプレゼンツFIFAクラブW杯」と呼ばれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る