• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高卒4年目で2億円到達 ハム大谷「メジャー挑戦」は3年後

 4日に契約更改を行い、1億円からの倍増となる年俸2億円にサインをした大谷翔平(21)。高卒4年目で2億円到達は、球団OBのダルビッシュ(現レンジャーズ)と並ぶ球界最速タイのペースだ。

 会見では笑顔を見せながらも、そこは根がマジメな大谷。「CSで悔しい終わり方をしていますからね。満足はしていない」と、表情を引き締めた。

 球界では異例となる「二刀流」をこなしながら、年俸以外でも投手としてダルビッシュに近づきつつある。両者の3年目の成績を比べてもそれがわかる。

 ダルの3年目、07年は26試合で15勝5敗、210奪三振、防御率1.82。最多奪三振のタイトルを獲得し、MVPと沢村賞に輝いた。一方、最多勝と最優秀防御率、最高勝率を受賞した今季の大谷は22試合で15勝5敗と、これはダルと同じ。196奪三振、防御率2.24はやや劣るとはいえ、遜色はない。投球回数はダルの方が40イニング以上多いので、奪三振率では大谷に軍配が上がる。完投数ではダルの12回に及ばない5回だが、これは野手出場のため、投手だけに専念できないという事情がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  3. 3

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  6. 6

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  7. 7

    不明朗な土地取引 モリカケそっくり事件が全国に飛び火

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る