高卒4年目で2億円到達 ハム大谷「メジャー挑戦」は3年後

公開日:  更新日:

 4日に契約更改を行い、1億円からの倍増となる年俸2億円にサインをした大谷翔平(21)。高卒4年目で2億円到達は、球団OBのダルビッシュ(現レンジャーズ)と並ぶ球界最速タイのペースだ。

 会見では笑顔を見せながらも、そこは根がマジメな大谷。「CSで悔しい終わり方をしていますからね。満足はしていない」と、表情を引き締めた。

 球界では異例となる「二刀流」をこなしながら、年俸以外でも投手としてダルビッシュに近づきつつある。両者の3年目の成績を比べてもそれがわかる。

 ダルの3年目、07年は26試合で15勝5敗、210奪三振、防御率1.82。最多奪三振のタイトルを獲得し、MVPと沢村賞に輝いた。一方、最多勝と最優秀防御率、最高勝率を受賞した今季の大谷は22試合で15勝5敗と、これはダルと同じ。196奪三振、防御率2.24はやや劣るとはいえ、遜色はない。投球回数はダルの方が40イニング以上多いので、奪三振率では大谷に軍配が上がる。完投数ではダルの12回に及ばない5回だが、これは野手出場のため、投手だけに専念できないという事情がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る