由伸監督も阿部頼みか…巨人の危ない「目標チーム打率」

公開日:  更新日:

 一塁か捕手復帰か。どっちが主体なのか。

 阿部慎之助(36)のポジションが今季の巨人のカギを握っている。高橋由伸監督(40)は先週参加したイベントで「慎之助のコンディションがどれくらいか。昨年はそれ(捕手復帰)が原因で長期離脱したわけだから。しっかり見極めたい」と昨季、半ば強制的に捕手に復帰させた揚げ句、故障離脱させてしまった原前監督をチクリ。本人と体調面などを話し合い、慎重に方針を決めるとした。

 とはいえ、万全な状態なら、なるべく捕手として起用したいのが本音。昨秋の就任早々、「ゼロではない」と捕手復帰案を明かしていたことでも、それが分かる。

 15日のスタッフ会議で白石オーナーは「リーグ最下位だったチーム打率を引き上げてもらいたい。投高打低の昨年の状況から脱却しなくてはならない」と攻撃力の強化を厳命。リーグ最低の・243に沈んだチーム打率を.260~.265に引き上げ、1試合平均4得点という目標値が設定された。内田打撃コーチは「全員で102安打増やすことで、打率2割6分5厘になる。そうすれば得点圏打率も上がる」と話していた。そうなると、捕手には打撃が課題の3年目・小林ではなく、阿部が座るのが自然。新外国人のジョーンズを一塁へ回すことができ、1枠空いた外野には状態のいい選手を起用できるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る