• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人ドラ1桜井が背負わされる“神宮アレルギー”克服の重荷

 新人がエースを救う!?巨人ドラフト1位の桜井俊貴(22=立命大)が17日、新人合同自主トレでプロ入り後初めてブルペン入りした。宮崎春季キャンプの2月11日に行われる最初の紅白戦で実戦デビューする見通しとなったため、大幅に前倒ししたという。「5割の力」で20球。「80点ぐらいのデキ」と自己評価した。

 この新人に高橋由伸監督(40)が期待していることがあるという。15日のスタッフ会議で指揮官は「厳しいことを言うと、菅野が神宮球場や対ヤクルトの成績が良くない。エースなので苦手をつくらず成長してもらいたい。神宮でも使う? そんなこと気にしていたらエースじゃないでしょう」と強い口調で注文をつけた。菅野が昨年のリーグ優勝チームのヤクルト戦に弱いことや、その対策がスタッフ会議の話題になること自体、異例のこと。チーム自体の対戦成績は13勝12敗とほぼ互角も、菅野はCSも含めれば0勝4敗だった。敵地・神宮に限れば、プロ3年間で通算0勝5敗、防御率5.15。尾花投手コーチも「菅野はそこだけ。原因や対策を探していく」と仏頂面だった。球団関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る