錦織が全豪5年連続16強…手首に不安も「大丈夫」と強気

公開日:  更新日:

 シーズン序盤で、いきなり故障発生か。

 全豪オープンテニスは22日、男子シングルス3回戦を行い、世界ランク7位で第7シードの錦織圭(26)が同27位の第26シード、ギリェルモ・ガルシアロペス(32=スペイン)と対戦。7-5、2-6、6-3、6-4でシード対決を制し、同大会5年連続4回戦進出を決めた。

 錦織が異常を訴えたのは第1セットを7-5で制した直後だった。ベンチに戻った錦織は手首を押さえながらレフェリーに「メディカルタイムアウト」(3分間)を要求。トレーナーを呼んで右手首の治療を受けた。入念なマッサージを受けて第2セットに臨んだが、サーブ、ショットとも精度を欠き、劣勢に。ファーストサーブの成功率はわずか66%と主導権を握れず、相手に2度のブレークを許して、このセットを落とした。

 第2セット終了後にもトレーナーのケアを受けると、状態は改善されたのだろう。3セット目以降は修正し、サーブに切れが戻り、長いラリーを制するなど、試合の流れを呼び込む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  5. 5

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

もっと見る