錦織が全豪5年連続16強…手首に不安も「大丈夫」と強気

公開日:  更新日:

 シーズン序盤で、いきなり故障発生か。

 全豪オープンテニスは22日、男子シングルス3回戦を行い、世界ランク7位で第7シードの錦織圭(26)が同27位の第26シード、ギリェルモ・ガルシアロペス(32=スペイン)と対戦。7-5、2-6、6-3、6-4でシード対決を制し、同大会5年連続4回戦進出を決めた。

 錦織が異常を訴えたのは第1セットを7-5で制した直後だった。ベンチに戻った錦織は手首を押さえながらレフェリーに「メディカルタイムアウト」(3分間)を要求。トレーナーを呼んで右手首の治療を受けた。入念なマッサージを受けて第2セットに臨んだが、サーブ、ショットとも精度を欠き、劣勢に。ファーストサーブの成功率はわずか66%と主導権を握れず、相手に2度のブレークを許して、このセットを落とした。

 第2セット終了後にもトレーナーのケアを受けると、状態は改善されたのだろう。3セット目以降は修正し、サーブに切れが戻り、長いラリーを制するなど、試合の流れを呼び込む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る