錦織が全豪5年連続16強…手首に不安も「大丈夫」と強気

公開日: 更新日:

 シーズン序盤で、いきなり故障発生か。

 全豪オープンテニスは22日、男子シングルス3回戦を行い、世界ランク7位で第7シードの錦織圭(26)が同27位の第26シード、ギリェルモ・ガルシアロペス(32=スペイン)と対戦。7-5、2-6、6-3、6-4でシード対決を制し、同大会5年連続4回戦進出を決めた。

 錦織が異常を訴えたのは第1セットを7-5で制した直後だった。ベンチに戻った錦織は手首を押さえながらレフェリーに「メディカルタイムアウト」(3分間)を要求。トレーナーを呼んで右手首の治療を受けた。入念なマッサージを受けて第2セットに臨んだが、サーブ、ショットとも精度を欠き、劣勢に。ファーストサーブの成功率はわずか66%と主導権を握れず、相手に2度のブレークを許して、このセットを落とした。

 第2セット終了後にもトレーナーのケアを受けると、状態は改善されたのだろう。3セット目以降は修正し、サーブに切れが戻り、長いラリーを制するなど、試合の流れを呼び込む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る