• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

過労困ぱいのはずが 錦織「チャリティー試合」参加のワケ

「なぜだ?」という声もある。

 テニスの錦織圭(25)は13日、ロサンゼルスで行われたマリア・シャラポワ(28)主催のチャリティーマッチに参加。シャラポワと組んだ混合ダブルスとシングルスで会場を沸かせた。

 錦織は11月中旬にツアー・ファイナルを終えて帰国すると、数々のイベントをこなし、今月2日と4日には国内初開催のインターナショナル・プレミア・テニス・リーグ(IPTL)に参戦。疲労困憊で体調を崩したのか、7日には発熱と嘔吐の症状を訴えダウン。検査入院し、ファンを心配させた。

 それでなくても今季は、左脇腹痛、右肩、左臀部、左ふくらはぎ痛などの故障も多く、まさに満身創痍。体の手入れが必要な時期なのに、渡米するなりチャリティーでラケットを握るとはどういうわけか。

 米事情に詳しいスポーツライターの吉川英三郎氏がこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  4. 4

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る