過労困ぱいのはずが 錦織「チャリティー試合」参加のワケ

公開日: 更新日:

「なぜだ?」という声もある。

 テニス錦織圭(25)は13日、ロサンゼルスで行われたマリア・シャラポワ(28)主催のチャリティーマッチに参加。シャラポワと組んだ混合ダブルスとシングルスで会場を沸かせた。

 錦織は11月中旬にツアー・ファイナルを終えて帰国すると、数々のイベントをこなし、今月2日と4日には国内初開催のインターナショナル・プレミア・テニス・リーグ(IPTL)に参戦。疲労困憊で体調を崩したのか、7日には発熱と嘔吐の症状を訴えダウン。検査入院し、ファンを心配させた。

 それでなくても今季は、左脇腹痛、右肩、左臀部、左ふくらはぎ痛などの故障も多く、まさに満身創痍。体の手入れが必要な時期なのに、渡米するなりチャリティーでラケットを握るとはどういうわけか。

 米事情に詳しいスポーツライターの吉川英三郎氏がこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る