4年連続4強阻まれ…錦織は今季も長身選手に苦しめられる

公開日: 更新日:

 こればかりはトレーニングで伸びるものではない。

 テニスのブリスベン国際男子シングルス準々決勝は、世界ランキング8位(第2シード)の錦織圭(26)が、地元オーストラリア出身で同18位のバーナード・トミック(23)に3―6、6―1、3―6のフルセットで負けた。

 昨年の準々決勝では、わずか59分で退けた格下は1年でパワーアップ。錦織は196センチの長身から繰り出す強烈なサーブに苦しめられ、約2時間の戦いに敗れた。

 身長が178センチの錦織にとって、ほとんどの対戦相手は自分より長身だが、昨季も190センチ以上の格下選手に何度も屈している。

 例えば、同大会の準決勝では196センチのビッグサーバー、ミロシュ・ラオニッチ(当時同8位、錦織5位)に34本のエースを打ちこまれフルセットの末に屈した。4月のマイアミ・オープン(マスターズ1000)準々決勝でも、208センチの身長を誇る同24位のジョン・イスナーにストレート負け。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

もっと見る