4年連続4強阻まれ…錦織は今季も長身選手に苦しめられる

公開日: 更新日:

 こればかりはトレーニングで伸びるものではない。

 テニスのブリスベン国際男子シングルス準々決勝は、世界ランキング8位(第2シード)の錦織圭(26)が、地元オーストラリア出身で同18位のバーナード・トミック(23)に3―6、6―1、3―6のフルセットで負けた。

 昨年の準々決勝では、わずか59分で退けた格下は1年でパワーアップ。錦織は196センチの長身から繰り出す強烈なサーブに苦しめられ、約2時間の戦いに敗れた。

 身長が178センチの錦織にとって、ほとんどの対戦相手は自分より長身だが、昨季も190センチ以上の格下選手に何度も屈している。

 例えば、同大会の準決勝では196センチのビッグサーバー、ミロシュ・ラオニッチ(当時同8位、錦織5位)に34本のエースを打ちこまれフルセットの末に屈した。4月のマイアミ・オープン(マスターズ1000)準々決勝でも、208センチの身長を誇る同24位のジョン・イスナーにストレート負け。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る