日本男子体操「伝説の補欠」が語る五輪演技“幽体離脱”体験

公開日: 更新日:

 今年のリオ五輪で、個人総合連覇を狙う男子体操の内村航平(27)が、最も欲しいメダルが団体の金メダルだという。日本の男子体操はかつて、60年ローマ大会から76年モントリオール大会まで、五輪で5連覇を達成したことがある。実は、76年大会の本番直前、日本チームにアクシデントが起きた。74年世界選手権の団体、個人総合などで金を取った笠松茂が体調不良で欠場が決まり、日本体操史上初となる現地でのエントリー変更が行われた。見事代役を果たしたのが五十嵐久人氏(新潟大学教授)だ。そのドラマは、著書「補欠選手はなぜ金メダルを取れたのか」(中央公論新社)に詳しい。五十嵐氏に当時の話を聞いた。

――五輪の体操選手の代表と補欠というのは天と地ほど違うといいますね。

「私は代表選考会で、0・05の僅差で7位でした。6位までが代表ですから、補欠に回りました。日本の場合、現地に入った補欠がどれだけ調子が良くても登録変更はありません。各国の補欠は本番の2日前に会場に行き、指定された種目を演技する。それを見て審判団は採点し、基準点を確認する。これを『テストパイロット』と呼んでいます。補欠のレベルは、そのチームの採点に影響するので重要です。補欠は本番になると、踏み切り板の調整や鉄棒に飛びつく際の補助、ずれたマットの修正や国によっては代表選手のマッサージもやります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  3. 3
    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

  4. 4
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

  5. 5
    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

もっと見る

  1. 6
    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

  2. 7
    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

  3. 8
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 9
    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

  5. 10
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”