球場から畑へ 元巨人中継ぎエースが亡き妻と歩む“農業の道”

公開日: 更新日:

「農業に従事して7年以上が経ちますが、ここまで苦労ばかり。やっぱり大変ですよ。農業は」

 苦笑いを浮かべながらこう話すのが巨人日本ハムなどで活躍した河野博文さん(53)。現在、群馬県高崎市で農作物の栽培委託、販売を行う異色の元プロ野球選手である。

 現役時代は「北京原人に似ている」ことから“げんちゃん”の名で親しまれた。84年にドラフト1位で日本ハム入り。1年目から一軍で活躍すると、00年に引退するまでの16年間、先発、中継ぎとしてマウンドに立ち続けた。

 そんな実績ある投手が農業の道に足を踏み入れたのは引退から9年後、09年のことだった。

「引退後は建設会社勤務を経て、独立リーグの群馬ダイヤモンドペガサスでコーチをやったのですが、その契約が切れた時に知人から『やらないか』と誘われて。最初は迷いましたけど、興味もあった。それで70代後半のおばあちゃんが一人でやっている群馬の玉ねぎ農家で修行させてもらうことになったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    “私人”昭恵氏の夫人付き職員問題 今も3人が「専任」の仰天

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る