オーナーや地元も味方 イチローが“辛口監督”のクビ飛ばす

公開日: 更新日:

 1日(日本時間2日)、マイアミ大学との練習試合に「7番・DH」でスタメン出場し、2打数1安打だったイチロー(42)だが、マーリンズの新旧のスター選手が、早くも冷戦状態だという。「新旧のスター選手」とはイチロー(42)と、現役時代にヤンキースの主将を務めたドン・マッティングリー新監督(54)のことだ。

 渡米16年目を迎えたイチローはキャンプで衰えを見せるどころか、残り65本に迫ったメジャー通算3000安打達成に向けて精力的だ。

 主砲スタントン(26)ら外野の主力と同組でメニューをこなし、フリー打撃ではレギュラー陣に負けじと快音を響かせている。守備練習では自慢のレーザービームを披露して強肩ぶりが健在なことをアピール。全体練習後はキャンプ地フロリダ州ジュピターの球団施設に特別に設置された専用のコンテナにこもってウエートトレに励んでおり、連日、球場を後にするのは最後。若手が多いチームにあって、ベテラン外野手の練習量はダントツに多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  4. 4

    「長澤会」躍進 東出昌大かばう“男気”に心酔する女優続々

  5. 5

    なぜ芸能界に「自殺」連鎖が…芸能リポーターが憂う“残像”

  6. 6

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  7. 7

    自閉症の子が愛する缶詰がコロナで店から消え…幸せな結末

  8. 8

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  9. 9

    隠し子疑惑に陰毛事件 坂本1億総活躍相は“下半身ネタ”豊富

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る