マーリンズが球場改修も…イチローにはメリットなし

公開日: 更新日:

 イチロー、チェン(元中日)が所属するマーリンズが20日(日本時間21日)、本拠地「マーリンズ・パーク」の改修を発表した。

 今季は外野の左翼、左中間フェンスの高さを従来の約3.3メートルから約2.5メートルに下げる。

 同球場は中堅最深部が129メートルあり、外野フェンスも高いことから本塁打が出にくい球場の一つとして知られ、昨季はわずか113本だった。

 マーリンズは今季から歴代最多の通算762本塁打のバリー・ボンズ(元ジャイアンツ他)が打撃コーチに就任。一昨年の本塁打王(37本)で主砲のジャンカルロ・スタントンら一発のある打者が少なくないことから、自軍の攻撃に有利になるよう改修を図った。

 メジャー通算3000安打まで残り65本と迫っているイチローは昨季は1本塁打。一発の少ないベテランには外野フェンスが低くなってもメリットはなさそうだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る