マーリンズが球場改修も…イチローにはメリットなし

公開日: 更新日:

 イチロー、チェン(元中日)が所属するマーリンズが20日(日本時間21日)、本拠地「マーリンズ・パーク」の改修を発表した。

 今季は外野の左翼、左中間フェンスの高さを従来の約3.3メートルから約2.5メートルに下げる。

 同球場は中堅最深部が129メートルあり、外野フェンスも高いことから本塁打が出にくい球場の一つとして知られ、昨季はわずか113本だった。

 マーリンズは今季から歴代最多の通算762本塁打のバリー・ボンズ(元ジャイアンツ他)が打撃コーチに就任。一昨年の本塁打王(37本)で主砲のジャンカルロ・スタントンら一発のある打者が少なくないことから、自軍の攻撃に有利になるよう改修を図った。

 メジャー通算3000安打まで残り65本と迫っているイチローは昨季は1本塁打。一発の少ないベテランには外野フェンスが低くなってもメリットはなさそうだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  5. 5

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  6. 6

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    櫻井翔ありきで半月早まった「紅白歌合戦」司会発表の裏側

  9. 9

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  10. 10

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る