イチローと異例の「早期再契約」交わしたマーリンズの懐事情

公開日:  更新日:

「次の準備、オフの気の持ちようや過ごし方も含めて、こんなに早い段階で決まったことは(いろんな意味で)大きく違う」

 マーリンズと1年200万ドル(約2億4000万円)で契約延長したイチロー(41)がうれしそうに話した。

 4日のレギュラーシーズン終了からわずか2日。マーリンズが今月の22日に42回目の誕生日を迎えるベテラン外野手と再契約を交わしたのは異例のことだ。メジャーのオフの補強は、大物FA選手や日本など海外の選手の獲得が優先される。イチローのような控え野手の契約がまとまるのは年明けになるのが一般的で、選手によっては2月のキャンプ直前までずれ込むケースもある。

 マーリンズは集客などビジネス面でもイチローをアテにしているのは当然としても、異例の早期契約は低予算で運営するチーム事情とも無関係ではない。イチローとの交渉が長引き、他球団との争奪戦に発展すれば条件がつり上がる可能性があるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る