イチローと異例の「早期再契約」交わしたマーリンズの懐事情

公開日: 更新日:

「次の準備、オフの気の持ちようや過ごし方も含めて、こんなに早い段階で決まったことは(いろんな意味で)大きく違う」

 マーリンズと1年200万ドル(約2億4000万円)で契約延長したイチロー(41)がうれしそうに話した。

 4日のレギュラーシーズン終了からわずか2日。マーリンズが今月の22日に42回目の誕生日を迎えるベテラン外野手と再契約を交わしたのは異例のことだ。メジャーのオフの補強は、大物FA選手や日本など海外の選手の獲得が優先される。イチローのような控え野手の契約がまとまるのは年明けになるのが一般的で、選手によっては2月のキャンプ直前までずれ込むケースもある。

 マーリンズは集客などビジネス面でもイチローをアテにしているのは当然としても、異例の早期契約は低予算で運営するチーム事情とも無関係ではない。イチローとの交渉が長引き、他球団との争奪戦に発展すれば条件がつり上がる可能性があるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  5. 5

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  6. 6

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  7. 7

    水害に遭ったら…片付けと清掃作業の手順に「6つの要点」

  8. 8

    手越祐也の活躍にジャニーズ歯噛み?「嵐超え」も射程圏内

  9. 9

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道 強まるノ・ミヌ側の“売名行為”リーク説

もっと見る