イチローと異例の「早期再契約」交わしたマーリンズの懐事情

公開日: 更新日:

「次の準備、オフの気の持ちようや過ごし方も含めて、こんなに早い段階で決まったことは(いろんな意味で)大きく違う」

 マーリンズと1年200万ドル(約2億4000万円)で契約延長したイチロー(41)がうれしそうに話した。

 4日のレギュラーシーズン終了からわずか2日。マーリンズが今月の22日に42回目の誕生日を迎えるベテラン外野手と再契約を交わしたのは異例のことだ。メジャーのオフの補強は、大物FA選手や日本など海外の選手の獲得が優先される。イチローのような控え野手の契約がまとまるのは年明けになるのが一般的で、選手によっては2月のキャンプ直前までずれ込むケースもある。

 マーリンズは集客などビジネス面でもイチローをアテにしているのは当然としても、異例の早期契約は低予算で運営するチーム事情とも無関係ではない。イチローとの交渉が長引き、他球団との争奪戦に発展すれば条件がつり上がる可能性があるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  9. 9

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  10. 10

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る