日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“兄貴分”殿堂入りでマイアミは数年後「イチロー」だらけ

 米国の野球殿堂入り選手が6日(日本時間7日)に発表され、歴代6位の通算630本塁打を放ったケン・グリフィー・ジュニア(46=マリナーズなど)、捕手として最多となる427本塁打のマイク・ピアザ(47=ドジャースなど)の2人が選ばれた。殿堂入りには全米野球記者協会(440人)の記者による投票で75%以上の得票が必要で、グリフィーは史上最高となる99.3%(437票)の得票率で受賞した。

 芸術的と評されたスイングと好守に加えて、温厚な人柄で人気を博したグリフィー氏はマリナーズ時代、イチロー(42=現マーリンズ)の兄貴分的存在だった。

 そのイチローも04年、シーズン最多安打記録を更新(262)するなど安打製造機として一時代を築いただけに、引退後の殿堂入りは確実だ。残り65本に迫ったメジャー通算3000安打を達成し、仮に今季限りで引退すれば殿堂入りは早くて5年後の21年。球団創設が93年と歴史が浅いマーリンズでは初めて栄誉を手にする選手になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事