“兄貴分”殿堂入りでマイアミは数年後「イチロー」だらけ

公開日: 更新日:

 米国の野球殿堂入り選手が6日(日本時間7日)に発表され、歴代6位の通算630本塁打を放ったケン・グリフィー・ジュニア(46=マリナーズなど)、捕手として最多となる427本塁打のマイク・ピアザ(47=ドジャースなど)の2人が選ばれた。殿堂入りには全米野球記者協会(440人)の記者による投票で75%以上の得票が必要で、グリフィーは史上最高となる99.3%(437票)の得票率で受賞した。

 芸術的と評されたスイングと好守に加えて、温厚な人柄で人気を博したグリフィー氏はマリナーズ時代、イチロー(42=現マーリンズ)の兄貴分的存在だった。

 そのイチローも04年、シーズン最多安打記録を更新(262)するなど安打製造機として一時代を築いただけに、引退後の殿堂入りは確実だ。残り65本に迫ったメジャー通算3000安打を達成し、仮に今季限りで引退すれば殿堂入りは早くて5年後の21年。球団創設が93年と歴史が浅いマーリンズでは初めて栄誉を手にする選手になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る