日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

“白い粉”で汚れた星は星として認定されない

「孫よよく聞け。火星と木星の間にゃたくさんの星くずが太陽の周りを回っておってな。小さいから見つけ出すのがおおごとなんだ。で、世界で一番最初に見つけたヒトは、名前を付けていいことになっとるんだ。自分が見つけた星に、プロ野球の大スターの名前を付けたんだト」

「へえ~」

「世界のホームラン王、王貞治さんの名前を星に付けたんだな。王さんは野球界の星だが、宇宙でも星になったんだ。すごいダロ?」

「すごいね、王さん」

「つまり、王さんは野球でも宇宙でもスターだということだな」

「スターになれない野球選手のほうが多いんだよね?」

「ああ、ほとんどの選手はなれないなあ」

「なれない選手は、やめてから後の人生がたいへんなんだってね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事