「父親になる時だ」 A.ロッドが来季限りでの引退を表明

公開日: 更新日:

 メジャー屈指の高給取りが、ついにユニホームを脱ぐ。

 ヤンキースのアレックス・ロドリゲス(40)は23日、来季17年を最後に現役を引退すると明かした。スポーツ専門局「ESPN」のインタビューに応じ「来季終了後はプレーしない。今までとてもエキサイティングだったが、家に戻って父親になる時だ」と話した。

「A・ロッド」の愛称で知られ、昨季までで2719試合に出場し、打率2割9分7厘、687本塁打、2055打点。通算本塁打数で歴代3位のベーブ・ルース(714本)に残り27本と迫っている。ヤンキースとの契約が17年で切れるため、引退を決意したという。

 レンジャーズ時代の01年にプロスポーツ史上最高額となる10年総額2億5200万ドルで契約。生涯年俸は4億2000万ドル(約472億円)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  8. 8

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  9. 9

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る