何のため? イチロー「Tシャツ姿」連日デカデカの不思議

公開日: 更新日:

 キャンプインから1カ月近く経つのに、スポーツマスコミはいまだにイチロー(42)のTシャツ姿を連日、大々的に報じている。

 記事が報じられない日はあっても、Tシャツの写真が紙面や画面に出ない日はないといったあんばい。シャレだかパロディーだか知らないが、Tシャツを日替わりで着てくる方も着てくる方なら、喜々として報じる方も報じる方ではないか。

 イチローのマーリンズは、今季からマッティングリー新監督が指揮を執る。ヤンキースの元キャプテンで、昨季までドジャースの監督だった人物の選手起用、采配がイチローにどう影響するのか。メジャー球界はもちろん、米国のファンやメディアからシブチンとたたかれるロリア・オーナーはイチローをどう見ているのか。それが3000安打にどう影響するのか。新たな戦力や布陣は、イチローにどんな影響を与えるのか。

 野球ファンが知りたいテーマはいくらでもあるのに、記事よりTシャツ姿をデカデカと報じるのは読者をバカにしているとしか思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る