何のため? イチロー「Tシャツ姿」連日デカデカの不思議

公開日: 更新日:

 キャンプインから1カ月近く経つのに、スポーツマスコミはいまだにイチロー(42)のTシャツ姿を連日、大々的に報じている。

 記事が報じられない日はあっても、Tシャツの写真が紙面や画面に出ない日はないといったあんばい。シャレだかパロディーだか知らないが、Tシャツを日替わりで着てくる方も着てくる方なら、喜々として報じる方も報じる方ではないか。

 イチローのマーリンズは、今季からマッティングリー新監督が指揮を執る。ヤンキースの元キャプテンで、昨季までドジャースの監督だった人物の選手起用、采配がイチローにどう影響するのか。メジャー球界はもちろん、米国のファンやメディアからシブチンとたたかれるロリア・オーナーはイチローをどう見ているのか。それが3000安打にどう影響するのか。新たな戦力や布陣は、イチローにどんな影響を与えるのか。

 野球ファンが知りたいテーマはいくらでもあるのに、記事よりTシャツ姿をデカデカと報じるのは読者をバカにしているとしか思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る