不安な救援陣に守護神不在 マー君勝利にはフル回転しかない

公開日:  更新日:

 右肘手術からの復活を目指す右腕が不安をのぞかせた。

 ヤンキース・田中将大(27)が17日(日本時間18日)のパイレーツ戦に登板。2回を1本塁打含む4安打2失点。予定の4回を持たずに降板した。

 初回、2番マカッチェンに被弾。二回には連打でピンチを招くと2死後、1番ジェイソーに右前打を許して2点目を献上した。

 昨季の田中はチーム内ではベテラン左腕サバシア(28本)に次ぐ25本塁打を喫した。今季は被本塁打を減らすことが課題の一つ。4月4日のアストロズとの開幕戦マウンドに向けて不安を残した。

 4月はアストロズ戦を含めて5試合に登板予定も、序盤は思うように勝ち星を伸ばせない可能性がある。リリーフ陣に不安があり、勝利投手の権利を持って降板しても白星をフイにされかねないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る