不安な救援陣に守護神不在 マー君勝利にはフル回転しかない

公開日:  更新日:

 右肘手術からの復活を目指す右腕が不安をのぞかせた。

 ヤンキース・田中将大(27)が17日(日本時間18日)のパイレーツ戦に登板。2回を1本塁打含む4安打2失点。予定の4回を持たずに降板した。

 初回、2番マカッチェンに被弾。二回には連打でピンチを招くと2死後、1番ジェイソーに右前打を許して2点目を献上した。

 昨季の田中はチーム内ではベテラン左腕サバシア(28本)に次ぐ25本塁打を喫した。今季は被本塁打を減らすことが課題の一つ。4月4日のアストロズとの開幕戦マウンドに向けて不安を残した。

 4月はアストロズ戦を含めて5試合に登板予定も、序盤は思うように勝ち星を伸ばせない可能性がある。リリーフ陣に不安があり、勝利投手の権利を持って降板しても白星をフイにされかねないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る