• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不安な救援陣に守護神不在 マー君勝利にはフル回転しかない

 右肘手術からの復活を目指す右腕が不安をのぞかせた。

 ヤンキース・田中将大(27)が17日(日本時間18日)のパイレーツ戦に登板。2回を1本塁打含む4安打2失点。予定の4回を持たずに降板した。

 初回、2番マカッチェンに被弾。二回には連打でピンチを招くと2死後、1番ジェイソーに右前打を許して2点目を献上した。

 昨季の田中はチーム内ではベテラン左腕サバシア(28本)に次ぐ25本塁打を喫した。今季は被本塁打を減らすことが課題の一つ。4月4日のアストロズとの開幕戦マウンドに向けて不安を残した。

 4月はアストロズ戦を含めて5試合に登板予定も、序盤は思うように勝ち星を伸ばせない可能性がある。リリーフ陣に不安があり、勝利投手の権利を持って降板しても白星をフイにされかねないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る