5月復帰が現実味 ダル“驚異的回復”の裏に新コーチの眼力

公開日: 更新日:

 右肘のトミー・ジョン(腱の再建)手術からの復活を目指すレンジャーズ・ダルビッシュ(29)が順調な回復を見せている。

 患部にメスを入れて丸1年が経過した17日(日本時間18日)には、報道陣に非公開でブルペン入り。球団広報によれば、これまで投げなかったスライダーを含め変化球の割合を増やし、25球を投げ込んだという。

 リハビリが順調なら4月にもマイナー相手に登板し、5月中旬のメジャー復帰が予定されている。当初の予定よりも復帰が半月ほどずれ込んだとはいえ、術後1年で肘への負担が大きいとされるスライダーを解禁するなど驚異的な回復を見せているのは新任のブロケイル投手コーチの存在も大きい。

 現役時代、レンジャーズでリリーフを務めたブロケイル投手コーチは、ダルと同じトミー・ジョン手術の経験者だ。術後のリハビリに問題があったのか、靱帯を移植する手術を1度ならず、2度も経験している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る