• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5月復帰が現実味 ダル“驚異的回復”の裏に新コーチの眼力

 右肘のトミー・ジョン(腱の再建)手術からの復活を目指すレンジャーズ・ダルビッシュ(29)が順調な回復を見せている。

 患部にメスを入れて丸1年が経過した17日(日本時間18日)には、報道陣に非公開でブルペン入り。球団広報によれば、これまで投げなかったスライダーを含め変化球の割合を増やし、25球を投げ込んだという。

 リハビリが順調なら4月にもマイナー相手に登板し、5月中旬のメジャー復帰が予定されている。当初の予定よりも復帰が半月ほどずれ込んだとはいえ、術後1年で肘への負担が大きいとされるスライダーを解禁するなど驚異的な回復を見せているのは新任のブロケイル投手コーチの存在も大きい。

 現役時代、レンジャーズでリリーフを務めたブロケイル投手コーチは、ダルと同じトミー・ジョン手術の経験者だ。術後のリハビリに問題があったのか、靱帯を移植する手術を1度ならず、2度も経験している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る