監督“フリーパス”出すか マリナーズ青木「盗塁王」に現実味

公開日:  更新日:

 マリナーズ・青木宣親(34)が新天地で調子を上げてきた。

 14日(日本時間15日)のダイヤモンドバックス戦では3打数1安打1得点。前日のレッズ戦では2打数2安打1四球でオープン戦初マルチ。リードオフマンとして存在感をアピールしている。

 今季から指揮を執るスコット・サーバイス監督は機動力野球を掲げている。昨季はチーム本塁打こそリーグ5位の198本塁打ながら、総得点656はリーグワースト3位。「相手の隙を突く走塁で少ないチャンスで得点する攻撃が理想」と話す指揮官にとって、過去4年間で81盗塁をマークしている青木は最適な人材だ。指揮官は、「ノリ(青木)のスピードを生かさない手はない」と話し、レギュラーシーズンでは出塁した際に自由に盗塁できる、「グリーンライト」を認めることをほのめかしている。

 青木はブルワーズ時代の12年に記録した30盗塁が1シーズンの最多。昨季は右足腓骨骨折などの故障で離脱を繰り返した影響から14盗塁に終わったものの、痛めた患部に不安はない。これまでシーズン終盤に足腰の疲労から調子を崩したこともあったが、昨オフは下半身強化に取り組むなど、万全の状態で5年目のシーズンに備えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る