• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シーズン白星に悪影響 マエケン課題は「立ち上がりの悪さ」

 オープン戦4試合目にして課題が浮き彫りになった。

 すでに先発ローテーションの3番手での起用が決まっているドジャース・前田健太(27)。岩隈と投げ合った21日(日本時間22日)のマリナーズ戦は初回、直球が高めに浮き、先頭打者から3連打を浴びて2点の先制を許した。尻上がりに調子を上げ、初めて5回を投げ切ったが、立ち上がりに不安を残した。

 前田はここまで4試合で、比較的、立ち上がりに苦しんでいる。失点こそしなかったものの、初登板のダイヤモンドバックス戦では二塁打、続くアスレチックス戦では四球と、いずれも2死から走者を背負った。初回に球数を費やしているのも気がかりだ。

 前田のエンジンのかかりが悪いのは、登板前の投球練習で球数を制限されているからだろう。登板する際にベンチで「マエケン体操」をしたり、マウンド上で両肩を回したり、上腕部を揉むのはウオーミングアップ不足を補うためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る