シーズン白星に悪影響 マエケン課題は「立ち上がりの悪さ」

公開日: 更新日:

 オープン戦4試合目にして課題が浮き彫りになった。

 すでに先発ローテーションの3番手での起用が決まっているドジャース・前田健太(27)。岩隈と投げ合った21日(日本時間22日)のマリナーズ戦は初回、直球が高めに浮き、先頭打者から3連打を浴びて2点の先制を許した。尻上がりに調子を上げ、初めて5回を投げ切ったが、立ち上がりに不安を残した。

 前田はここまで4試合で、比較的、立ち上がりに苦しんでいる。失点こそしなかったものの、初登板のダイヤモンドバックス戦では二塁打、続くアスレチックス戦では四球と、いずれも2死から走者を背負った。初回に球数を費やしているのも気がかりだ。

 前田のエンジンのかかりが悪いのは、登板前の投球練習で球数を制限されているからだろう。登板する際にベンチで「マエケン体操」をしたり、マウンド上で両肩を回したり、上腕部を揉むのはウオーミングアップ不足を補うためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  3. 3

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る