• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シーズン白星に悪影響 マエケン課題は「立ち上がりの悪さ」

 オープン戦4試合目にして課題が浮き彫りになった。

 すでに先発ローテーションの3番手での起用が決まっているドジャース・前田健太(27)。岩隈と投げ合った21日(日本時間22日)のマリナーズ戦は初回、直球が高めに浮き、先頭打者から3連打を浴びて2点の先制を許した。尻上がりに調子を上げ、初めて5回を投げ切ったが、立ち上がりに不安を残した。

 前田はここまで4試合で、比較的、立ち上がりに苦しんでいる。失点こそしなかったものの、初登板のダイヤモンドバックス戦では二塁打、続くアスレチックス戦では四球と、いずれも2死から走者を背負った。初回に球数を費やしているのも気がかりだ。

 前田のエンジンのかかりが悪いのは、登板前の投球練習で球数を制限されているからだろう。登板する際にベンチで「マエケン体操」をしたり、マウンド上で両肩を回したり、上腕部を揉むのはウオーミングアップ不足を補うためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る