釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

ハーフナーにはワクワクしたが香川真司にはがっかりだ

公開日: 更新日:

 W杯予選の相手、アフガニスタンは「勝って当たり前」のレベルだったね。政情不安もあって代表強化もままならず、後半になったらバテて足が止まり、日本もゴールを入れやすくなるだろうと思っていたが、序盤からあれだけチャンスをつくりながら、前半はFW岡崎のゴールだけというのはいただけない。合計5―0で勝ちました、と喜んでいては進歩がないね。

 久しぶりに代表FWハーフナー・マイクのプレーを見た。彼には分かりやすい武器がある。

 身長194センチ。ヘディングの強さは、他の代表選手にない“特別な”持ち味だ。しかし、今回のアフガニスタン戦が、13年10月以来の代表戦となった。どうして彼は定着できなかったか?

 ハーフナー自身が「オレが攻撃の軸になる。オレに向かってクロスをどんどん放り込め」とアピールしなかったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  3. 3

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る