釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

ハーフナーにはワクワクしたが香川真司にはがっかりだ

公開日: 更新日:

 W杯予選の相手、アフガニスタンは「勝って当たり前」のレベルだったね。政情不安もあって代表強化もままならず、後半になったらバテて足が止まり、日本もゴールを入れやすくなるだろうと思っていたが、序盤からあれだけチャンスをつくりながら、前半はFW岡崎のゴールだけというのはいただけない。合計5―0で勝ちました、と喜んでいては進歩がないね。

 久しぶりに代表FWハーフナー・マイクのプレーを見た。彼には分かりやすい武器がある。

 身長194センチ。ヘディングの強さは、他の代表選手にない“特別な”持ち味だ。しかし、今回のアフガニスタン戦が、13年10月以来の代表戦となった。どうして彼は定着できなかったか?

 ハーフナー自身が「オレが攻撃の軸になる。オレに向かってクロスをどんどん放り込め」とアピールしなかったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  9. 9

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  10. 10

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

もっと見る