怪我癒えぬシャルケ内田 W杯予選代表招集どころか引退危機

公開日:  更新日:

 なでしこジャパンのリオ五輪予選敗退にサッカー関係者はショックを隠し切れないでいるが、そろそろ頭を切り替えないといけない。08年ロシアW杯2次予選のアフガニスタン戦(24日)、シリア戦(29日)が近付いてきているからである。

 今週末の欧州各国リーグ終了後、欧州組には出場要請のレターが所属クラブに送られる。

「ミランMF本田、インテルDF長友、ドルトムントMF香川、レスターFW岡崎ら主力に加えて15年6月から半年間、所属クラブなしを理由に未招集だったGK川島も、2次予選2連戦の代表メンバーに入ることが内定している」(サッカージャーナリスト)

 そんな中、レギュラー級でトンと名前を聞かなくなった代表常連選手がいる。ドイツ・シャルケのDF内田(27)だ。

 古傷の右ヒザ痛に悩まされ、さらに慢性化している右太もも裏痛も良化せず、15年3月の欧州CL・レアル戦以降、ピッチに立っていない。今年1月21日、クラブが公式HPに内田が練習に復帰した映像を流し、実際にチーム練習に合流したとはいえ、右ヒザ痛がぶり返す日も多く、練習に出たり、出なかったりを繰り返している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る