怪我癒えぬシャルケ内田 W杯予選代表招集どころか引退危機

公開日: 更新日:

 なでしこジャパンのリオ五輪予選敗退にサッカー関係者はショックを隠し切れないでいるが、そろそろ頭を切り替えないといけない。08年ロシアW杯2次予選のアフガニスタン戦(24日)、シリア戦(29日)が近付いてきているからである。

 今週末の欧州各国リーグ終了後、欧州組には出場要請のレターが所属クラブに送られる。

「ミランMF本田、インテルDF長友、ドルトムントMF香川、レスターFW岡崎ら主力に加えて15年6月から半年間、所属クラブなしを理由に未招集だったGK川島も、2次予選2連戦の代表メンバーに入ることが内定している」(サッカージャーナリスト)

 そんな中、レギュラー級でトンと名前を聞かなくなった代表常連選手がいる。ドイツ・シャルケのDF内田(27)だ。

 古傷の右ヒザ痛に悩まされ、さらに慢性化している右太もも裏痛も良化せず、15年3月の欧州CL・レアル戦以降、ピッチに立っていない。今年1月21日、クラブが公式HPに内田が練習に復帰した映像を流し、実際にチーム練習に合流したとはいえ、右ヒザ痛がぶり返す日も多く、練習に出たり、出なかったりを繰り返している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る