評価上げる本田&崖っぷち香川 日本代表“二枚看板”の行く末

公開日: 更新日:

 日本代表の二枚看板が顔を揃えた。ロシアW杯2次予選のアフガニスタン戦(24日)、シリア戦(29日)に向けた代表合宿2日目の22日、イタリアの古豪ミラン所属のFW本田圭佑(29)、ドイツの強豪ドルトムント所属の香川真司(27)が合流したのである。

 もっとも、この2人の所属クラブでの立ち位置は、実に好対照だ。

 ミランで背番号10を背負う本田は、右サイドMFとして攻守に大車輪の活躍を見せ、2月半ばのジェノア戦で強烈ミドルシュートを決めると、批判してナンボの熱狂的サポーターも「ホンダは偉大な選手」と大絶賛。

 もちろん国内メディアの評判も上々である。

「ホンダが昨年10月にクラブを批判したが、あくまで日本人メディアに日本語で発信したもの。ニュアンスの問題などもあるし、翻訳が正しいとも限らない。イタリアでは“違った理解”がなされている。そもそもミハイロビッチ監督は、ホンダのことを我々に前向きに話しており、ホンダにとっての“悪い時期”は終わっている。イタリア人記者も『ホンダは今、ピッチの中でベストの仕事をやっている』と評価を高めているところです」(イタリアの通信社「Alanews」のアンドレア・エウゼビオ記者。聞き手=サッカージャーナリスト・元川悦子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  10. 10

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

もっと見る