• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

評価上げる本田&崖っぷち香川 日本代表“二枚看板”の行く末

 日本代表の二枚看板が顔を揃えた。ロシアW杯2次予選のアフガニスタン戦(24日)、シリア戦(29日)に向けた代表合宿2日目の22日、イタリアの古豪ミラン所属のFW本田圭佑(29)、ドイツの強豪ドルトムント所属の香川真司(27)が合流したのである。

 もっとも、この2人の所属クラブでの立ち位置は、実に好対照だ。

 ミランで背番号10を背負う本田は、右サイドMFとして攻守に大車輪の活躍を見せ、2月半ばのジェノア戦で強烈ミドルシュートを決めると、批判してナンボの熱狂的サポーターも「ホンダは偉大な選手」と大絶賛。

 もちろん国内メディアの評判も上々である。

「ホンダが昨年10月にクラブを批判したが、あくまで日本人メディアに日本語で発信したもの。ニュアンスの問題などもあるし、翻訳が正しいとも限らない。イタリアでは“違った理解”がなされている。そもそもミハイロビッチ監督は、ホンダのことを我々に前向きに話しており、ホンダにとっての“悪い時期”は終わっている。イタリア人記者も『ホンダは今、ピッチの中でベストの仕事をやっている』と評価を高めているところです」(イタリアの通信社「Alanews」のアンドレア・エウゼビオ記者。聞き手=サッカージャーナリスト・元川悦子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る