格下に5点大勝も ハリル監督「本田の後継者」見つからず

公開日: 更新日:

 日本代表を率いるハリルホジッチ監督(63)には、ロシアW杯アジア2次予選の残り2試合、24日のアフガニスタン戦と、29日のシリア戦を戦うにあたり、大きなテーマが2つあった。連勝してE組の首位をキープしたまま9月開幕のアジア最終予選に臨むこと。そしてもうひとつが「本田圭佑(29)の代わりを探す」ことである。

「15年3月に就任したハリルホジッチが、日本代表のダイジェストDVDを見て、真っ先に手を打ったのが、(当時)35歳のMF遠藤保仁を戦力外にすること。38歳で迎える18年ロシアW杯は、年齢的な衰えから計算できないと判断した。さらに本田については、本人がやりたがっているトップ下では技量不足。3トップの右、左はスピードのなさが致命傷になるとシビアに評価。当初からロシアW杯の主力選手としてはカウントできないと考えているのです」(サッカージャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  4. 4

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  5. 5

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  6. 6

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  7. 7

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  8. 8

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

もっと見る