巨人に開幕3連敗…ヤクルトは今季も“助っ人救援陣”頼り

公開日: 更新日:

「結果を受け止めないと仕方がない。一から出直すつもりで頑張りたい」

 27日の巨人戦に敗れて開幕3連敗となった真中監督は、こう話した。

 1点を勝ち越した直後の八回、秋吉がギャレットに2ランを浴びての逆転負け。この日は、抑えのオンドルセクが首の張りで休養したため、秋吉に負担がかかる形になったものの、初戦に続いてリリーフが打ち込まれる展開になった。

 昨季は、鉄壁の救援陣がリーグ優勝を支えたが、バーネット、オンドルセク、ロマンの「助っ人救援トリオ」のうち、バーネット、ロマンの2人が退団したことが影響しているのだ。

 それだけに今季は2人の代役候補となる新助っ人、ルーキ(メキシカンリーグ=右投げ右打ち)とペレス(ブルージェイズ=左投げ左打ち)の活躍がリーグ連覇のカギを握る。巨人との3連戦ではそれぞれ1試合に登板、無失点と上々だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る