昨季首位打者なのに ヤクルト川端は今も「二軍落ち」恐怖

公開日: 更新日:

【橋本清の取りたて直送便 “本音を聞きたい”】

 キャンプ終盤、ヤクルトの川端慎吾選手(28)と食事を共にする機会がありました。南国・沖縄で汗を拭き拭きスッポン鍋をつついたのですが、3月に入って川端選手はインフルエンザを発症。先日の侍ジャパン強化試合を辞退することになってしまいました。精をつけたはずなのに……。

 それはともかく、食事の席で川端選手が印象に残る言葉をポツリと漏らしました。集まった仲間が口々に昨年の優勝を祝っていたときです。「でも」と川端選手がしみじみとこう言ったのです。

「浮かれてはいられません。いつまた、二軍に戻されるか分からないんですから」

 3年連続で3割を打って、昨年は打率.336で首位打者を獲得。リーグ最多安打のタイトルにも輝き、チームの優勝に大きく貢献しました。今年からは選手会長にも就任し、今やトリプルスリーの山田哲人選手と並んで押しも押されもせぬヤクルトの中心選手です。さすがに二軍落ちを心配するレベルではありませんが、川端選手は「もう、ああいうつらい(二軍)生活はしたくありませんから」と真顔で言うのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  9. 9

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る